ニュース
» 2010年03月08日 12時17分 UPDATE

IE6の“葬儀”行われる Microsoftから献花も

IE6の葬式を挙げるイベントが行われ、多くの人が同ブラウザに別れを告げた。Microsoftからは花も贈られた。

[ITmedia]

 3月4日、Internet Explorer(IE)6を弔う「葬儀」が、米コロラド州デンバーで行われた。多数の人が参列し、長年親しまれたWebブラウザに別れを告げた。

 この葬儀は、米国のAten Design GroupというWebデザイン企業が主催したイベントGoogleが3月1日に一部サービスでIE6のサポートを打ち切ることから企画された。

ah_ie6_1.jpgah_ie6_2.jpg

 葬儀は4日にデンバーのレストランで行われた。報道によると、80〜100人が参加したという。棺や「遺体」も用意され、IE6の「生みの親」であるMicrosoftから花も贈られた。MicrosoftのIEチームが贈った花には「素晴らしい時をありがとう、IE6。皆さん、MIXでお会いしましょう。IE天国の一端をお見せします」というメッセージが添えられている。MIXは3月半ばに開かれるMicrosoftのイベントで、IE9が披露されるとうわさされている。

ah_ie6_3.jpg IEチームから贈られた花

 IE6のサポートを打ち切る動きは進んでおり、YouTubeは3月13日に同ブラウザを含む古いブラウザのサポートを終了する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -