ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2010年03月15日 07時40分 UPDATE

Google、Buzzに“ノイズリダクション”機能を追加

バズにコメントがつくとGmailに通知が届く機能で、コメントの種類別にオフにできるようになった。

[ITmedia]

 米Googleは3月12日、ソーシャルサービス「Google Buzz」の投稿通知を調整できる2つの機能を発表した。

 Google Buzzは同社のオンラインメールGmailに組み込まれたTwitterのようなソーシャルツール。Gmailからメッセージ(バズ)を投稿すると、あらかじめ設定したグループ内で公開される。自分がかかわったバズにコメントが付くとGmailの受信トレイに通知が表示されるが、この通知で受信トレイが煩雑になり過ぎるというユーザーからのフィードバックが多数あったという。これを受け、以下の3種類のバズについて受信トレイに通知するかどうかを、Gmailの「設定」→「バズ」で設定できるようにした。

  • ほかのユーザーが自分のバズにコメントしたとき
  • 自分がコメントしたバズにほかのユーザーがコメントしたとき
  • 自分が@返信で返信したバズにほかのユーザーがコメントしたとき

 また、受信トレイに表示されるバズの通知に、通知の理由(ほかのユーザーがコメントをつけた、など)が表示されるようになり、以降そのバズのスレッドを“ミュート”する(通知しないようにする)ためのリンクが追加された。

buzz

 これらの機能は日本を含む50カ国でテスト中で、数日中に順次有効になるとしている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.