ニュース
» 2010年03月17日 07時24分 UPDATE

MicrosoftがIE9披露 新JavaScriptエンジン搭載でHTML5をサポート

IE9は「Chakra」と呼ばれる新しいJavaScriptエンジンを搭載するほか、HTML5やCSS3などのWeb標準のサポートを目指す。開発者向けプレビュー版も公開した。

[ITmedia]

 米Microsoftは3月15日、次期版Webブラウザ「Internet Explorer(IE)9」を自社のMIXカンファレンスで披露した。開発者向けプレビュー版もリリースした。

ah_IE9.jpg

 プレビュー版はMicrosoftのサイトからダウンロードできる。開発者にIE9の進捗を知ってもらうため、β版リリースまで8週間ごとにアップデートする(ただしMicrosoftは、プレビュー版はレンダリングやスクリプトエンジンなどプラットフォームのコア部分に軽量フレームを載せたもので、あくまでもテスト用であって日常的に使っているブラウザの代わりになるものではないと注意を促している)。IE9のデモを体験できるIE9 Test Driveサイトも設けた。

 IE9の大きな特徴の1つは、Microsoft社内で「Chakra」と呼ばれる新しいJavaScriptエンジンだ。マルチコアを活用する設計になっており、JavaScriptのコンパイルを、IEと並行して別のCPUコア上でバックグラウンドで行うことで高速化を図っている。ベンチマークテストでは、IE9プレビュー版はIE8をはるかに上回り、Firefoxを超え、SafariとChromeに次ぐスコアをたたき出している。

ah_chakra.jpg

 またIE9がWeb標準であるHTML5、DOM、CSS3のサポートを目指していることも特筆すべき点だ。Microsoftは「複数のブラウザで同じHTML、スクリプト、フォーマッティングマークアップが同じように動作するようにすることが目標」としている。MIXカンファレンスでは、HTML5でH.264動画を再生するデモも行った。現時点では、IE9プレビュー版はWeb標準準拠テストAcidで55点(100点満点中)しか取れていないが、取り組みが進むにつれて点数はよくなると同社は述べている。

 またIE9は、ハードウェアアクセラレーションによってグラフィックスやテキストの描画を高速化している。HTML5を活用したリッチメディアアプリケーションが増えることを予想しての対応という。Webブラウザでは初めてSVGのハードウェアアクセラレーションをフルサポートするという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -