ニュース
» 2010年04月20日 08時27分 UPDATE

Mac狙いのマルウェアに新たな亜種、iPhotoに見せかけ感染狙う

マルウェア「HellRTS」は写真アプリのiPhotoに見せかけて、多数のフォーラムでばらまかれている。

[ITmedia]

 Mac向けセキュリティソフトメーカーのIntegoは、Macを狙ったマルウェアの新しい亜種を発見したと同社のブログで伝えた。

 今回見つかったマルウェアの「HellRTS」は、2004年に出現した「HellRTS.D」の亜種。PowerPCとIntel Macの両方に対応し、感染するとシステムにバックドアを開いてリモートから制御できる状態にしてしまう。

 また自らを複製する機能やメールサーバの機能もあるという。これにより、電子メールの送信やリモートサーバへの接続を行い、感染したMacをシャットダウン/再起動させたりする機能も持つ。

 セキュリティ企業の英Sophosはこのマルウェアについて、Macに搭載されている写真アプリケーションの「iPhoto」に見せかけてあると指摘。Integoによれば、Macユーザーに感染させることを狙って多数のフォーラムでばらまかれているという。

 ただし両社によれば、実際にはこのマルウェアがMacの間で感染を広げる事態にはなっていないという。このためSophosでは「深刻な脅威とは考えていない」としている。だがMacユーザーの多くはウイルス対策ソフトを導入していないといい、「いずれこのような攻撃の格好の標的とみなされるかもしれない」と予想している。

関連キーワード

Mac | マルウェア | Intego | Sophos | Macウイルス対策


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -