ニュース
» 2010年04月20日 15時43分 UPDATE

せかにゅ:iPhone OS 4.0β、ロック破られる iPhone 3Gでのマルチタスク可能に

AppleはiPhone 3Gではマルチタスク機能は使えないとしていたが、それを可能にするJailbreakツールが公開された。

[ITmedia]

iPhone OS 4.0がJailbreakされる

 iPhone OS 4.0β版が、早くもJailbreak(ロック破り)された。ハッカーチームiPhoneDevTeamがJailbreakツール「redsn0w」の早期β版をリリースし、これを使うとiPhone 3GでiPhone 4.0のマルチタスク機能が使えるようになる。AppleはOS 4.0発表時に、iPhone 3Gではマルチタスクはサポートされないとしていた。redsn0wはまだβ版で機能が限られており、Mac OS Xでのみ動作し、iPhone 3GでのOS 4.0β1のJailbreakのみサポートしている。

iPhone OS 4 jailbreak available, enables multitasking on 3G(Ars Technica)

「バーに落ちていたiPhone試作機」騒動、収束へ?

 ブログメディアGIZMODOが「バーに落ちていた新型iPhone試作機を入手した」としてネットを騒がせていたが、この騒動が終わりを迎えそうだ。同サイトは4月19日に、「Apple社員がバーに忘れていった、新型iPhoneの試作機」と称するものの写真を掲載。本当に次世代iPhoneなのかをめぐって議論が起きた。また、GIZMODOがこのデバイスを入手した経路も問題になった。同サイトは、バーでデバイスを拾った人物から購入した(金額は5000ドルとも1万ドルともうわさされている)としており、ネットでは「盗品を購入したことになるのでは」「Appleに訴えられるかも」と指摘する声が上がっていた。

 GIZMODOは翌20日、Appleからデバイスの返却を要請する書簡が来たことを明らかにした。Appleは、このデバイスが新型iPhone試作機であることを間接的に認めたと言える。同サイトは要請に応じる意向であり、これで騒動は解決するようだ。同サイトは、「このデバイスを購入したとき、盗難品であるとは知らなかった」と主張している。

A Letter: Apple Wants Its Secret iPhone Back(GIZMODO)

9歳の生徒がパスワード盗み、システムに侵入

 数週間前、米バージニア州の小学校で、生徒、教師、保護者のコミュニケーションのためのシステムのパスワードが何者かに書き換えられた。通報を受けた地元警察が調査したところ、犯人は9歳の生徒であることが分かった。警察は当初、システムがハッキングされたと考えていたが、実際は教師の机にあったIDと管理者パスワードを入手しただけだった。この生徒はほかの教師のパスワードを変えたが、成績の書き換えなどはできなかったという。

Police Called After 9-year-old Steals Password(PCWorld)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -