ニュース
» 2010年04月21日 08時49分 UPDATE

新興国がサイバー攻撃元に――世界のセキュリティ動向報告書

サイバー攻撃の発信国でブラジルがドイツを抜いた。

[ITmedia]

 米Symantecは、世界のセキュリティ動向に関する年次報告書の2009年版を発表し、「攻撃が新興国にシフトする傾向が一層鮮明になった」と報告した。

 同社ではマルウェア、フィッシング詐欺、スパムメールといった攻撃の動向について国別に統計をまとめた。攻撃に占める割合が高い国は、これまで米国、中国、ドイツの3カ国が常に上位を独占していたが、2009年はブラジルがドイツを抜き、3位に浮上した。

 2006年に統計開始から上位3カ国の顔ぶれが入れ替わったのは初めて。攻撃に占める割合は米国が19%、中国が8%、ブラジルは6%だった。スパムと「ゾンビ」(他人のコンピュータを遠隔から制御する攻撃)のカテゴリではブラジルが1位だった。

 2008年の報告書ではインドやロシア、ポーランド、ブラジル、トルコといった新興国の台頭を指摘していたが、2009年はこの傾向が一層鮮明になったと同社では分析している。新興国ではブロードバンド化が進む一方で、セキュリティ対策が追いついていない。無防備なコンピュータが標的になり、攻撃発生の確率が高くなると同社では指摘している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -