ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2010年04月21日 15時00分 UPDATE

Google、リスティングサービスを「Google Places」に改称

Googleが、ローカルビジネス向けリスティングサービス「Local Business Center」を「Google Places」に改称し、サービスエリア表示やタグ付け、無料撮影サービスなどの新機能を追加した。

[ITmedia]

 米Googleは4月20日(現地時間)、事業主向けリスティングサービスの「Google Local Business Center」を「Google Places」に改称し、幾つかの新機能を追加したと発表した。

 同社は2009年9月、Google Mapsの一機能として、検索結果に関連する情報をまとめて表示する「Place Pages」を追加した。このPlace Pagesには、公共機関やランドマークとともに、事業主がLocal Business Centerで入力した情報が反映される。GoogleはこのPlace Pagesとリスティングサービスとのつながりを強調する目的でサービスを改称したという。

 Google Placesに新たに追加された機能は以下の通り。

  • サービスエリアの表示:カメラマンやピアノの調律師など、基本的に客先に出向くサービスの場合、対応エリアを表示できる
places 1
  • 「タグ」の追加:月額25ドルで、Google検索およびGoogle Mapsでの検索結果で目立つように「タグ」をつけられるようになった。現在は米国内の一部の地域でのみ対応
  • 店舗写真の無料撮影:Business Photosページから申し込むことで、Place Pagesに掲載する写真を、Googleが派遣するプロのカメラマンに無料で撮影してもらえる。現在日本では東京と京都でこのサービスを受けられる
  • QRコードの配布:ダッシュボードから、店舗情報を格納したQRコードがダウンロードできる(米国のみのサービス)
  • Favorite Placesの拡大:2009年12月に行ったQRコードステッカーの配布対象に5万事業者を追加した(米国のみのサービス)

 Googleは、同社サービスでの検索の5回に1回は地域に関連したものであるため、地域企業が検索結果に効果的に表示されるようGoogle Placesの機能を強化したとしている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.