ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Q

「QRコード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

100種類の紙を集めた「紙の見本帳ノート」発売 「レザック66」「ハイピカ」など異なる質感の紙が集結
QRコードから好きな紙を注文できます。(2021/5/2)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
画質を追求したミニマムカメラ、シグマ「fp L」 便利で遊べる新機能も
シグマのフルサイズミラーレス一眼「fp」に高画素バージョン「fp L」が登場。自分が使いやすいように組んでいくミニマムカメラで、スクショやQRコードといった新機能も面白い。(2021/5/2)

「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【中編】
QRコードを使った「新型コロナワクチン接種証明システム」とは?
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を証明するシステムを開発するために、必ずしも新しい技術は必要ない。既存技術の転用でシステムをいち早く実現した企業の取り組みを見ていこう。(2021/4/16)

Visaのタッチ決済を利用した「天神・博多間1日フリーきっぷ」実証実験
三井住友カードらは、4月16日から福岡市地下鉄での「天神・博多間1日フリーきっぷ」実証実験を開始。タッチ決済に対応したVisaカードやQRコードを駅係員のいる改札窓口の専用リーダーにかざせば乗車できる。(2021/4/9)

ビデオ通話をビジネスに:
PayPayで決済できる「商用ビデオ通話」登場 ワンクリックで通話参加
サガス(東京都渋谷区)は、商用ビデオ通話サービス「フェイスコネクト」で通話中のQRコード決済に対応すると発表した。4月初旬に提供を始める。有料のビデオ通話メニューを「商品」として販売できる仕組みづくりをサポートする狙いだ。(2021/4/9)

Visaのタッチ決済とQRコードで改札を通過 南海鉄道の実証実験で見えたこと
南海電鉄が、クレジットカードのタッチ決済に対応した改札機の実証実験を4月3日に開始した。クレジットカードをタッチすることで、Suicaのような交通系ICと同様に電車に乗れる仕組みだ。QRコードを用いた改札通過も検証する。(2021/4/7)

Visaタッチ対応改札の実証実験がスタート 反応速度は? 設置した南海電鉄の狙い【動画あり】
南海電気鉄道は、Visaのタッチ決済とQRコード乗車券に対応する自動改札機の実証実験を始めた。運用期間は4月3日から12月12日まで。使い勝手や導入の狙いをレポートする。(2021/4/5)

J.D.パワーのコード決済満足度調査、総合1位はau PAY
J.D.パワーは、3月30日に2021年QRコード・バーコード決済サービス顧客満足度調査の結果を発表。継続意向・増額意向・推奨意向といったロイヤルティは過去最高となり、日常生活への浸透が伺える。(2021/3/30)

コロナワクチン接種証明アプリ、ニューヨーク州が提供開始 IBMによるブロックチェーンシステム採用
ニューヨーク州が、新型コロナワクチン接種済みあるいは検査で陰性だったと証明するモバイルアプリ「Ecelsior Pass」を無料で公開した。IBMのブロックチェーン技術を採用し、プライバシーを保護する。イベント会場への入場などでQRコードを読み取らせる仕組み。(2021/3/29)

南海電鉄16駅で「Visaのタッチ決済」の実証実験 4月3日から
三井住友カードらは、4月3日から南海電鉄16駅に専用改札機を設置して「Visaのタッチ決済」、QRコードによる「南海デジタルチケット」を用いた入出場の実証実験を開始する。(2021/3/26)

クロネコ、4月1日からQRコード決済を導入
ヤマト運輸は、4月1日から全国の宅急便センターとセールスドライバーへの決済手段としてQRコード決済を導入。「au PAY」「d払い」「LINE Pay」「メルペイ」「PayPay」「楽天ペイ」が利用できるようになる。(2021/3/25)

PayPayの送金に新機能、ホーム画面でQRコード表示も可能に
PayPay残高の送金に新機能を追加。送る・受け取るのタイミング以外でもメッセージを送受信できるチャット機能や、背景のデザインを選んで送るテーマ機能などを利用できる。(2021/3/4)

「Chrome 88」で恐竜付きQRコードでのURL共有が可能に
モバイルおよびデスクトップ版の「Chrome 88」に、Webページを共有するためのQRコード生成機能が追加された。共有したいページを開いて数タップで恐竜の絵がついたQRコードを生成できる。(2021/2/5)

企業のゼロトラスト構築は急務か RSAが2021年のセキュリティ動向に関する21の予測を発表
RSAは、グローバルで実施した調査結果を基に2021年のサイバーセキュリティ動向を予測した。COVID-19の影響を大きく受けた今回の予測には、IDガバナンスの管理やゼロトラストセキュリティ、QRコード詐欺やBOPIS詐欺などが登場した。(2021/2/5)

QRコード決済、「利用している」は約3割 現金派に及ばず MMD調査
MMD研究所が、QRコード決済の認知度や利用状況について調査。その結果、「現在利用している」と答えた層は33.3%だった。よく使う支払い方法は「現金」(90.8%)や「クレジットカード」(73.3%)が「スマホ決済」(41.2%)を上回った。(2021/1/20)

スマホ決済の認知率は90%超え、利用トップはPayPay MMDの調査より
MMD研究所は、1月20日に「2021年1月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」の結果を発表。QRコード決済サービスの上位は「PayPay」「d払い」「楽天ペイ」で、利用開始時期は「2020年1月〜6月」からが最多となった。(2021/1/20)

ユニクロ、公式アプリにスマホ決済機能 「UNIQLO Pay」スタート
ユニクロが「UNIQLOアプリ」にQRコード決済機能「UNIQLO Pay」を追加した。ユーザーがアプリ上に表示したQRコードをセルフレジに読み込ませて支払う「利用者提示型」のキャッシュレス決済に対応する。(2021/1/19)

スマホ決済「UNIQLO Pay」開始 会員証QRコードで決済、チャージは不要
1月19日、iOSとAndroid向け「UNIQLO」アプリに、スマホ決済機能「UNIQLO Pay」が追加された。スマートフォンのUNIQLOアプリ上に表示させた会員証QRコードをレジでスキャンすることで決済できる。支払い方法はクレジットカードと銀行口座の2つから選択できる。(2021/1/19)

ドコモ口座問題後、QRコード決済はどうなった?
QRコード決済を利用する人の割合が、不正送金問題が相次いで発覚した今年9月以降も増加を続けていることが25日、フィンテック企業のインフキュリオンが行った調査で分かった。(2020/12/25)

2023年度の完了目指す:
QRコードでホームドアを開閉 都営浅草線、全駅で設置へ
東京都交通局は都営浅草線の全ての駅でホームドアの設置を進めると発表した。2021年秋に東銀座駅での設置を開始し、2023年度までに整備完了を目指す。(2020/12/25)

Visaタッチ決済で改札通過、南海鉄道が実証実験 QRコードで出入りも
南海電気鉄道が、NFCを使った非接触決済「Visaのタッチ決済」を使って改札を通過する実証実験を行うと発表。利用者は改札機にカードをかざすことで運賃を精算できる。QRコードを使って改札を通過する実験も平行して行う。(2020/12/24)

南海電鉄の改札機で「Visaのタッチ決済」「QRコード」の実証実験
三井住友カードらは、2021年春から南海電鉄の駅で「Visaのタッチ決済」と「QRコード」を利用した入出場の実証実験を実施。事前にアプリまたはWebサイトで購入し、直接入出場できることで利便性向上と接触頻度の低減を図る。(2020/12/24)

なんばと関空など:
クレカで電車に乗れる 南海電鉄の改札でVisaのタッチ決済の実証実験
ビザ・ワールドワイド・ジャパン、南海電気鉄道、三井住友カード、QUADRACの4社は、2021年春から南海電鉄の一部の駅で、Visaのタッチ決済とQRコードによる入出場の実証実験を行うと発表した。改札にVisaのタッチ決済機能を備えたクレジットカードなどをかざすことで、通過と運賃精算を行える。駅の改札で、Visaのタッチ決済による入出場を可能にするのは国内初。(2020/12/24)

QRコード決済市場規模、1兆8369億円に急伸 24年には10兆円超
矢野経済研究所は12月24日、国内QRコード決済市場の調査結果を発表した。2019年度は、市場が本格的に立ち上がり、加盟店手数料無料化や大型キャンペーン、政府のキャッシュレス還元などの結果、取り扱いベースで1兆8369億円と推計した。(2020/12/24)

LINE PayがApple Payに対応 Visa LINE Payプリペイドカードを使用
モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」が「Apple Pay」に対応。「iD」の端末に「iPhone」や「Apple Watch」をダブルクリックしてかざせばQRコード決済と共通のLINE Pay残高で支払いが行える。(2020/12/22)

【謎】電車の窓に「謎の大きなQRコード」が貼られている これは何?
怪しい広告……ではありません。(2020/12/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国が覇権奪取に利用? 「QRコード」がコロナ禍で世界から注目されるワケ
G20サミットで中国の習近平国家主席が「QRコード」に言及。新型コロナ対策などで主導権を握ろうとしている。日本で生まれたQRコードは、コロナ禍を機に、中国に限らず世界で利用が進む。感染対策や非接触サービスをきっかけに、利用範囲が広がっていきそうだ。(2020/11/26)

決済・チャージでマイルがたまる ANA、QRコード決済を年内スタート 200円で1マイル
ANAホールディングスが、年内にもQRコード決済サービス「ANA Pay」を始める。スマートフォンアプリでの決済・チャージで、マイルを付与する。(2020/11/24)

いまさら聞けないCBDC(2) CBDCがあれば銀行預金はいらない?
世界各国で中央銀行デジタル通貨(CBDC)への関心が高まっている。第1回では、CBDCが登場したときに、QRコード決済のPayPayのように利用されるイメージをまとめた。ただし、CBDCが競合するのは決済サービスだけではない。金融の基盤でもある銀行にはどんな影響があるのか。(2020/11/7)

店内注文サービス「PayPayテーブルオーダー」開始 大阪府から
PayPayは、大阪おおきにアプリ事業に登録した飲食店を対象に店内注文サービス「PayPayテーブルオーダー」を提供開始。「PayPay」アプリで注文用QRコードを読み取り、注文から決済まで行えるため感染症対策と店舗業務の効率化に繋がるという。(2020/10/30)

ミニストップ、キャッシュレス決済専用の“極小無人店舗” オフィスなど職場向け
ミニストップが、キャッシュレス決済のみに対応する小型の無人店舗の提供をスタート。来店者はセルフレジを使い、QRコード決済や電子マネーで商品を購入できる。オフィスや工場などでの導入を見込む。(2020/10/26)

Tech TIPS:
Chromium版Microsoft EdgeのQRコード作成機能でスマホにURLを転送する
「QRコード」は、印刷物にアプリのダウンロード先や自社サイトのURLを示す場合などによく利用されている。ただ、QRコードを作成するには、サードパーティー製のアプリなどが必要で少々面倒だった。実は、Chromium版Microsoft Edgeを使うと、アプリのインストールなどが不要でQRコードの作成が可能だ。(2020/10/22)

ほっともっと、全店でコード決済を導入 「PayPay」「d払い」「au PAY」など
持ち帰り弁当の「Hotto Motto」一部エリアで先行導入していたQRコード決済が、全国2496店舗で利用可能に。新たに「PayPay」「au PAY」「LINE Pay」「メルペイ」「d払い」「楽天ペイ」の合計6ブランドに対応する。(2020/10/20)

アーティストの合成音声が流れるブロマイド、シャープが提供 全国のファミマとローソンで
シャープマーケティングジャパンが、スマホでアーティストの合成音声が聞けるQRコード付きブロマイドをコンビニでプリントできるサービスを始めた。全国のファミリーマート、ローソン約3万店舗が対象で、価格は500円/L判1枚(税込)。(2020/10/15)

「pixiv PAY」が12月1日で終了 環境変化でサービス継続が困難に
ピクシブは、QRコード決済サービス「pixiv PAY」を12月1日で終了する。10月1日に「pixiv PAYポイント」の販売も終了し、売上金の振込申請とポイントの払い戻しは12月15日で受付終了となる。(2020/10/1)

Apple、App Storeアプリをアイコン付きでQRコードにできるツール公開
App SToreアプリパブリッシャーのためのマーケティングツールが多機能だ。(2020/9/30)

全国の自治体で初の試み QRコードを用いた電子請求の効率化とは
横須賀市は、NECらと共同で、QRコードを用いた電子請求プラットフォーム「Haratte」を活用し、市役所の請求業務を効率化する実証実験を開始する。自治体と民間事業者双方の請求書作成や経理処理について評価や検証を行う。(2020/9/23)

QRコードやICカード利用:
コロナ禍でのキャッシュレス決済の利用率とは?
コロナ禍でのキャッシュレス決済の利用状況とは。リサーチ会社が消費者調査。QRコードやICカードの電子マネーは各約3割に。(2020/9/15)

デンソーウェーブらがQRコード改札向けリーダー開発 歩きながらでも通過OK
デンソーウェーブとJR東日本メカトロニクスは、QRコードリーダーの読み取り速度向上と読み取り範囲を拡大させた新たなQRコードリーダーを開発。スマートフォンのディスプレイの表示も紙媒体と同様の処理が可能で、スムーズな自動改札機の通過を実現する。(2020/9/9)

QRコード対応改札機の実証実験 JR東日本が新宿駅と高輪ゲートウェイ駅で
JR東日本は、シームレスな移動の実現に向けた取り組みとして行っていた「タッチしやすい自動改札機」のQR実証試験を新宿・高輪ゲートウェイ駅で実施。試験用のQR券の使いやすさ、QRコード読み取り部のかざしやすさなどを評価する。(2020/9/8)

読み取り速度1.5倍 QR乗車券対応リーダー開発 改札通過もスムーズに
JR東日本メカトロニクスとデンソーウェーブは、QRコード付き乗車券に対応した自動改札機など向けのQRコードリーダーを開発したと発表した。従来品より読み取り速度を約1.5倍に、読み取り範囲を約2倍にアップさせた。(2020/9/8)

メルペイとd払いのQRコード共通化がスタート
メルペイとNTTドコモは、スマホ決済「メルペイ」と「d払い」のQRコードの共通化を9月初旬から順次スタートした。加盟店は、店頭に1つのQRコードを設置するだけで両サービスに対応できる。(2020/9/8)

QRコードで改札通過 JR東が実験 新宿と高輪ゲートウェイで
JR東日本は、新型の改札機「タッチしやすい改札機」の実証実験の一環として、QRコードで改札を通過する実証実験を、新宿駅と高輪ゲートウェイ駅で9月9日から順次始める。(2020/9/8)

JR東、「駅の自販機」サブスク会員を追加募集 500人→2000人へ拡大
JR東日本ウォータービジネスが、自動販売機のサブスクリプションサービスで追加の会員募集を開始。利用者がJR駅構内の特定の自販機に専用QRコードをかざすと、1日1本のドリンクを受け取れる。応募は9月8日から21日まで、当選者は10月1日から利用可能。(2020/9/8)

メルペイとd払い、QRコード共通化
加盟店は1つのQRコードを設置するだけで、両方式のユーザーが利用できるようになる。(2020/9/7)

使いやすさを検証:
JR東、QRコードをかざす「タッチしやすい改札機」実験開始 新宿駅と高輪GW駅
JR東日本は、新宿駅と高輪ゲートウェイ駅で、QRコードをかざして通過できる「タッチしやすい自動改札機」の実験を始める。QRコード読み取り部分へのかざしやすさなどを評価する。(2020/9/7)

メルペイが9月初旬から「d払い」との共通QRコードを順次展開
メルペイが、9月初旬からNTTドコモの「d払い」にも対応する共通QRコードの展開を順次開始する。共通QRコードを提示した店舗では、メルペイとd払いの両方を利用できるようになる。(2020/9/7)

ファミペイが大幅リニューアル クーポンやスタンプの拡充、QRコード表示や読み取りも
バーコード決済機能付きアプリ「ファミペイ」が大幅リニューアル。クーポンやスタンプ機能を拡充し、ホーム画面に様々な機能を集約。QRコードの表示・読み取り機能を追加し、ファミリーマート以外の店舗でもFamiPay払いが可能となる。(2020/9/1)

いきなり!ステーキ、「肉マネー」終了へ QRコード決済に対応で
「いきなり!ステーキ」が、電子マネー「肉マネー」を終了する。入金機能は11月30日に、支払い機能は21年12月31日に停止する。9月に各種QRコード決済を導入し、支払い方法が充実することなどが理由という。(2020/9/1)

21年12月まで:
いきなり!ステーキ、プリペイド機能「肉マネー」終了へ 「決済サービスが充実したため」
「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスは、プリペイドサービス「肉マネー」を2021年12月に終了する。20年9月にQRコード決済を導入するなど、決済サービスが充実したため、終了を決めたという。(2020/9/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。