ニュース
» 2010年04月26日 07時25分 UPDATE

情報共有サイトユーザーのクレジットカード番号がGoogle検索で露出

米Blippyの一部ユーザーのカード番号がGoogleの検索結果に表示されていたことが分かった。

[ITmedia]

 買い物情報共有サイトの米Blippyは、同社ユーザーのクレジットカード番号がGoogleの検索結果に表示されていたことが分かったと、ブログで明らかにした。

 Blippyは、ユーザーが自分のクレジットカード情報を登録しておき、そのカードで購入した物品の情報を共有できるサイト。同社が4月24日までに確認したところ、5人のユーザーのカード番号がGoogleの検索結果で露出していたことが分かった。

 同社によると、番号が露出したユーザーは2月3日以前にサイトに登録し、クレジットカードのアカウントをBlippyにリンクさせて、公開アカウントの設定にしていた。このため、カード情報がGoogleにインデックス化されてしまった。

 ただし同社は、ハッキングされたり、セキュリティが破られたりしたわけではなく、影響を受けたのはごく一部のユーザーにすぎないと強調している。

 セキュリティ企業の米Websenseによれば、Googleの検索結果からは既に問題の情報が削除され、検索結果にカード番号が表示されることはなくなっているという。同社はクレジットカード情報や銀行口座情報といった情報の共有について、「最悪の事態を想定し、十分なほど慎重になった方が良い」と忠告している。

関連キーワード

クレジットカード | Google | 検索 | 情報流出


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -