ニュース
» 2010年04月26日 16時00分 UPDATE

メーカー4社とドコモなど、携帯アプリプラットフォーム共同開発 世界展開も

NTTドコモとルネサス、シャープ、NECなど6社は、携帯電話向けのアプリケーションプラットフォームを共同開発する。

[ITmedia]
画像

 NTTドコモ、ルネサスエレクトロニクス、シャープ、富士通、NEC、パナソニックモバイルコミュニケーションズは4月26日、携帯電話向けのアプリケーションプラットフォームを共同開発すると発表した。端末開発コスト削減が狙いで、2011年度後半に発売する端末への搭載を目指す。

 Linux OSとSymbian OSに対応するほか、AndroidなどオープンOSへの対応も検討。完成したプラットフォームは、世界の携帯電話市場にも提供する予定だ。

 共同開発したプラットフォームを採用することで、メーカー各社の端末の開発期間短縮や開発コスト低減につなげる狙い。6社の技術を持ち寄ってアプリケーション処理能力を高速化し、動画処理機能の向上や、3Dグラフィックス処理機能の拡充も図る。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -