ニュース
» 2010年06月08日 09時50分 UPDATE

Apple、「iOS」とiPhone 4の「FaceTime」の商標問題をクリア

iPhone OSの新名称「iOS」も、iPhone 4の「FaceTime」も他社が商標を保有しているが、Appleは既に商標問題を解決している。

[ITmedia]

 Appleは6月7日、iPhone OSの名称を「iOS」に変更し、iPhone 4にビデオチャット機能「FaceTime」を導入した。「iOS」も「FaceTime」も他社の商標だが、Appleは既に使用許可を受けているという。

 Appleは「iOS」に関して、Cisco Systemsとライセンス契約を結んだ。Ciscoは「IOS」の登録商標を有しており、ネットワーク機器向けOSの名前として使用している。Ciscoは「iOSの商標をAppleがiPhone、iPod touch、iPadのOSの名称として使うことを認める」とコメントしている。この契約は商標のみに関するものであり、技術供与はないという。

 FaceTimeの名称は、FaceTime Communicationsから買い取った。FaceTime Communicationsは企業向けのセキュアなIMを提供しており、約10年前からFaceTimeを社名に使ってきた。FaceTime Communicationsは、製品機能の変化に合わせ、数カ月以内に社名を変更するとしている。

 Appleは2007年に初代iPhoneを発表したとき、「iPhone」の登録商標を保有していたCiscoとの間で商標紛争を抱えた。両社は後に和解し、AppleはiPhoneの名称を利用できるようになった。Appleは今回、紛争を避けて事前にCiscoの許可を得ている。

関連キーワード

iPhone | Apple | 商標 | Cisco Systems | iPhone 4 | iPad | iPhone OS | Cisco IOS


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -