ニュース
» 2010年06月15日 11時22分 UPDATE

Twitter、位置情報タグ「Twitter Places」を発表

foursquareやGowallaのチェックイン情報を統合した詳細な位置情報タグをツイートに追加できるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは6月15日、ツイートに詳しい位置情報タグを追加できる新機能「Twitter Places」を発表した。向こう1週間のうちに65カ国で利用できるようになる見込みだ。

 同社は3月から位置情報タグを表示する機能を米国内で提供開始しているが、Twitter Placesはオランダのカーナビゲーション企業TomTomおよび地域情報検索サービスの米Localezeとの提携によって、より詳しい位置情報を表示できるようになっている。また、3月時点ではGoogle ChromeとFirefoxにのみ対応していたが、SafariとInternet Explorerでも使えるようになった。

 新機能は、デスクトップ版のtwitter.comとモバイル版のmobile.twitter.comで利用可能だ。ツイートを入力する枠の下に表示される「Add your location」というリンクをクリックし、表示される最寄りの位置情報リストから表示したい場所を選択すればPlacesタグを追加できる。Placeタグ付きツイートのタグをクリックすると、Google Mapsの地図と、その場所についてツイートするためのリンクが表示される。

twitter

 また、位置情報サービスの米foursquareおよび米Gowallaとの提携によって、Twitter Placesにはそれらのサービスで登録されたチェックイン情報も表示される。

 TwitterはTwitter PlacesをiPhone、Android端末、BlackBerry版の公式Twitterでも使えるようにする計画だ。また、サードパーティー製アプリに同機能を組み込むためのAPIを公開する。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -