ニュース
» 2010年06月17日 08時18分 UPDATE

Adobe、MacユーザーにFlashのバージョン確認を呼び掛ける

Mac OS Xのセキュリティアップデートに組み込まれたFlash Playerは、最新バージョンではない。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleが6月16日に公開したMac OS Xのセキュリティアップデートに脆弱性のあるバージョンのFlash Playerが含まれていた問題で、Flash提供元のAdobe Systemsが「ユーザーは手動で最新バージョンに更新してほしい」と呼び掛けている。

 既報の通り、Appleの「セキュリティアップデート2010-004」「Mac OS X 10.6.4」に含まれる「Flash Player 10.0.45.2」には深刻な脆弱性があり、悪用攻撃も多発している。Adobeは6月10日に公開した最新バージョンの10.1.53.64でこの脆弱性を解決した。

 Adobeのブログによれば、自分でFlash Player 10.1を導入済みのMacユーザーがMac OS X 10.6.4のアップデートを適用しても、Flashが古いバージョンに戻ってしまうことはないとみられる。それでもユーザーは自分のFlashが最新版の10.1.53.64になっているかどうか確認した方がいいと同社は勧告する。

 Flashのバージョンを確認するには、Adobeの米国サイトの「About Flash Player」ページにアクセスするか、Flash Playerで実行されているコンテンツの上で右クリックしてメニューから「Adobe Flash Playerについて」を選択する。複数のWebブラウザを使っている場合は、それぞれのバージョンを確認をした方がいいという。

mzlchk.jpg MozillaのPlugin Check

 Firefoxブラウザ提供元のMozillaも、「Plugin Check」のページでFlashが最新バージョンかどうか確認できる機能を提供している。また、Firefoxを更新した際に表示されるページでも、古いバージョンのFlashを使っているユーザーに更新を促している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -