ニュース
» 2010年07月06日 07時01分 UPDATE

iTunesアカウントが乗っ取り被害に、SANSがパスワード変更を勧告

AppleのiTunesのアカウントがハッキングされ、特定の開発者のアプリケーションが大量に購入されているという。

[ITmedia]

 米セキュリティ機関のSANS Internet Storm Centerは7月5日、AppleのiTunesのアカウントがハッキングされ、特定の開発者のアプリケーションが大量に購入される事態になっていると伝えた。

 安全策として、「ユーザーはできるだけ早くiTunesのパスワードを変更した方がいい」とSANSは勧告している。それでも不安な場合は、問題がはっきりするまでクレジットカード情報をiTunesのアカウントから削除することを勧めている。

 現時点で詳細は不明だが、特定の開発者が他人のiTunesアカウントを乗っ取って自分のアプリケーションを買わせているとの情報もある。Appleがこの問題について調査に乗り出したとも伝えられている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -