ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2010年09月01日 18時03分 UPDATE

「はやぶさ」カプセル、展示したい博物館を募集

JAXAは、「はやぶさ」が持ち帰ったカプセルを展示したい科学館や博物館の募集を始めた。

[ITmedia]
画像 貸し出す機器の画像など。JAXAのニュースリリースより

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9月1日、小惑星探査機「はやぶさ」が持ち帰ったカプセルを展示したい科学館や博物館の募集を始めた。メールなどで30日まで応募を受け付けている。

 カプセルの本体部分であるインスツルメントモジュールと、電子機器搭載部、パラシュートの実物、地上試験用の模型を展示用に貸し出す。ヒートシールドのオーストラリアでの発見時の写真パネルも貸与するが、ヒートシールドの実物は「研究解析に資する必要があるため」対象外。

 科学館、博物館、地方公共団体など国内の公益団体で、宇宙活動の理解増進を目的に広く一般向けの活動や展示企画を行っている団体が対象。展示期間は2010年11月中旬〜12年3月まで。Webサイトの申込書を書き込み、メールか封書、FAXで申し込む。

関連キーワード

はやぶさ | 博物館 | JAXA | 募集 | 宇宙


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.