ニュース
» 2010年10月14日 18時14分 UPDATE

日本発のケータイ絵文字が世界標準に Unicode 6.0で

世界共通の文字コード「Unicode」の新バージョンには、携帯電話で使われている絵文字が多数取り入れられる。

[ITmedia]

 日本発のケータイ絵文字が国際標準になった。世界共通の文字コード「Unicode」のバージョン6.0に多数の絵文字が取り入れられるという。

ah_emoji.jpgah_emoji2.jpg Unicode 6のコード表の一部

 Unicode Consortiumは10月11日、新たに完成したUnicode 6.0仕様の一部を公開した。このバージョンには1000を超える新たな記号が追加されており、その中には数百の「emoji」――特に日本で使われている携帯電話の絵文字――も含まれている。Unicodeに組み込まれたことで、これらの絵文字を端末やキャリアを問わずに表示できるようになる。

 同団体は今回のリリースで、Unicode 6のデータベースやコード表など実装のアップデートに必要なものを公開している。仕様の最終版は2011年初めに提供するという。

関連キーワード

絵文字 | Google | 携帯電話 | 文字コード | 国際標準


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -