ニュース
» 2010年10月27日 19時11分 UPDATE

レコード会社7社、「LimeWire」「Cabos」で音楽不正アップロード10人の情報開示請求

レコ協会員7社が、LimeWireやCabosを使って音楽ファイルを不正に公開していた10人の氏名などの情報開示をISPに請求した。

[ITmedia]

 日本レコード協会は10月27日、会員レコード会社7社が、P2Pを使って音楽ファイルを不正に公開していた10人の氏名などの情報開示をISPに対して請求したと発表した。

 10人は、gnutellaネットワークに接続する「LimeWire」「Cabos」を悪用し、権利者に無断で音楽ファイルを公開していたという。開示請求はプロバイダ責任制限法に基づき、ISP7社に対して行った。

 8月にも会員レコード会社10社が14人の情報開示を請求し、これまでにISP2社から2人の情報開示があったという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -