ニュース
» 2010年12月13日 11時38分 UPDATE

“どこでもボカロ”可能に iPhone/iPad用「iVOCALOID」発売

VOCALOIDをiPhone、iPadで手軽に楽しめるアプリ「iVOCALOID」がApp Storeで発売。

[松尾公也,ITmedia]

 ヤマハはVOCALOIDをiPhone、iPadで手軽に楽しめるアプリ「iVOCALOID」を発売した。自社のVOCALOIDデータベースである「VY1」を使ったもので、iPhone版「iVOCALOID-VY1t」、iPad版「iVOCALOID-VY1」それぞれ単独製品として販売される(iPhone版の購入リンク)(iPad版の購入リンク)。

画像 iPhone版「iVOCALOID-VY1t」

 10月14日に開発表明し、デジタルコンテンツEXPO 2010で披露されていた商品(VOCALOIDがiPad/iPhoneアプリに ヤマハが開発)。

 「iVOCALOID-VY1t」は短いシーケンスの「おしゃべり」を作りやすいアプリで、iPhoneに「歌詞」をひらがな/カタカナで入力した後で曲線を指でなぞるとその音程のとおりに歌ってくれる。最長3秒程度まで。音素の長さと歌詞、音程は後から修正可能。作ったシーケンスは保存できるが、書き出し機能はない。

 容量は148.8Mバイトで発売記念価格(2011年1月12日まで)は350円。現在はiPhone 4とiPod touch 4Gのみの対応。


画像 iPad版「iVOCALOID-VY1」

 「iVOCALOID-VY1」はiPadの大きな画面を使った、より本格的なアプリで、Windows版のVOCALOID Editorに部分もある。歌詞を入力し、ピアノロールスタイルのシーケンスデータを指で上下左右に動かし、17小節まで自由に歌わせることができる。伴奏用のリズムトラックが用意されているので、それに合わせて作曲・演奏することも可能。音量やピッチベンド、ビブラートの深さを指でなぞることで調整する機能もついている。

 テンポ設定ができ、リバーブエフェクトも入れることが可能だ。作った曲は、Windows版VOCALOID Editorで読み込めるVSQの形式でメールに添付し、送信することができる。

 容量は174.9Mバイトで発売記念価格は1800円。

関連キーワード

VOCALOID | iPad | iPhone | iPhoneアプリ | iPadアプリ | ヤマハ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -