ニュース
» 2010年12月17日 15時30分 UPDATE

Android用Googleマップに新版 3D表示やオフライン機能を追加

「Google Maps 5.0 for Android」では建物を3D表示したり、オフラインでもキャッシュされた地図を見ることができる。

[ITmedia]

 米Googleは12月16日、Android用モバイル地図アプリの新版をリリースした。3D機能やオフライン機能を加えている。

 最新版の「Google Maps 5.0 for Android」では、100都市以上で建物を3D表示することができる。また、ネットにつながっていないときも地図を利用できるオフライン機能も加わった。ユーザーが頻繁に訪れる場所の地図を自動的にキャッシュし、オフラインでも地図を見られるようにしている。

ah_image01.jpgah_image1.jpg

 ナビゲーション機能でも、オフラインでのルート変更が可能になった。最初にルートを検索するときにはネットにつながっている必要があるが、その後ネット接続が途切れても、道を間違えたときに本来のルートへの誘導ができるという。

 Google Maps 5.0 for AndroidはAndroid Marketからダウンロードできる。Android 1.6以上に対応するが、3D表示とオフライン機能を利用するにはAndroid 2.0以上が必要。地域や機種によってはサポートされない機能もある。オフラインのルート変更機能は今後数週間かけて提供していく予定という。

関連キーワード

Android | Google Maps | オフライン | 地図 | 3D


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -