ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オフライン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オフライン」に関する情報が集まったページです。

スマホアプリ「テイルズ オブ ザ レイズ」がサービス終了へ 7年の歴史に幕 今後はオフライン版を提供
バンダイナムコエンターテインメントは、スマートフォン向けアプリ「テイルズ オブ ザ レイズ」のサービスを7月23日で終了すると発表した。(2024/5/21)

人工知能ニュース:
ロボット制御AIのオフライン強化学習で東芝が世界初と世界最高精度を達成
東芝は、あらかじめ作成したデータでロボット制御に用いられるAIの機械学習を行う「オフライン強化学習」において、少量の画像データで複雑なロボット操作を高精度に制御する技術を開発した。(2024/5/10)

なくしたAndroidをオフラインでも発見可能に:
Google、Androidの「デバイスを探す」をアップデート 5つの新機能を発表
Googleは、Androidの「デバイスを探す」アプリをアップデートした。オフラインデバイスの探索や、Bluetoothトラッカータグを活用してカギやカバンなどの日用品を探せるようになるとしている。(2024/4/30)

PayPay「オフライン支払いモード」の利用回数上限、10回→20回に 大手キャリアの通信障害が利用を後押し
PayPayは「オフライン支払いモード」における決済回数の上限を引き上げる。オフライン支払いモードはスマートフォンでインターネットに接続できなくても決済できるモード。昨今の大手キャリアによる通信障害が利用を後押ししている。(2024/4/25)

エネルギー管理:
一次調整力のオフライン枠 応動時間を緩和し調達上限値は大幅拡大へ
電力系統の安定化に必要な「調整力」を取り引きする需給調整市場。最も高速な応動が求められる「一次調整力」についても、需要側リソースや蓄電池等の参入を促すため、「オフライン枠」の設定や応動時間の緩和が予定されている。このほどその方針が公開された。(2024/2/22)

Switch版「スイカゲーム」にオフライン対戦できる追加パック 春ごろには「オンライン対戦モード」も
「オリジナル」「タイムリミット」「アタック」の3種類のモードで対戦できます。(2024/2/21)

「スイカゲーム」が2人対戦に対応 Switchで追加パック配信開始、価格は180円 春にはオンライン対戦も
Aladdin X(東京都港区)は、Nintendo Switch用ゲーム「スイカゲーム」の追加コンテンツ「スイカゲーム 2人プレイモード 追加パック」の配信を開始した。2人でのオフライン対戦が可能になる。(2024/2/21)

CAD:
3DCAD変換を3DHTMLに変換する「SmartExchange Desktop」、オフラインでも使用可
スマートスケープは、建設業向けに、3DCADデータを3DPDFや3DHTML、中間ファイルに出力する3DCAD変換ソフト「SmartExchange Desktop」を発売した。(2024/2/16)

RPOやRTOへの影響も考慮
「オフラインバックアップ」の基本とは? ランサムウェア対策“徹底”のこつ
「オフラインバックアップ」はランサムウェア対策にも有効な手法だ。これを正しく実施するには、幾つか押さえておくべき点がある。バックアップと復旧の“こつ”を、4つの視点で紹介する。(2024/2/13)

「Stable Code」の最初のメジャーリリース:
Stability AI、オフラインで使用できるコーディング生成AI「Stable Code 3B」を発表
Stability AIは、コーディング用生成AI「Stable Code」の最初のメジャーリリースとなる「Stable Code 3B」を発表した。(2024/1/22)

PayPayオフライン決済の上限額、1回5000円→5万円に変更 「ユーザーの利用状況を踏まえた判断」と広報
PayPayは12月18日、オフラインでも決済が可能な「オフライン支払いモード」の決済上限額などを変更した。オフライン支払いモードはスマートフォンが圏外などでも使える。PayPayはユーザーの利用状況を踏まえ、上限額などの変更に踏み切った。(2023/12/19)

セキュリティソリューション:
機内モードでもマルウェアを検知 サイバーリーズンがモバイルセキュリティ製品を強化
サイバーリーズンは機能刷新したモバイルセキュリティ製品「Cybereason MTD」の提供を開始した。モバイルデバイスがオフライン状態でも既知/未知のマルウェアを検知できるという。(2023/11/30)

iPhone Tips:
iOS 17の新機能 「マップ」で地図をダウンロードしてオフラインで利用可能に
9月に配信されたiOS 17では、「マップ」アプリにも新機能が追加されている。指定した地域のマップを表示してダウンロードし、オフラインでも利用可能にするものだ。圏外になりやすい場所やへき地へ移動する場合に有効な機能だろう。(2023/10/22)

組み込み採用事例:
コイズミのタワーファンが音声認識AI技術を採用、オフライン音声操作が可能に
菱洋エレクトロの音声認識AI技術が、小泉成器の冷暖房機器「ホット&クール プレミアム」に採用された。ユーザーの仕様にカスタマイズして提供する音声認識モジュールを内蔵し、オフラインでの音声操作と音声応答機能を搭載した。(2023/10/5)

iFLYTEK、オフライン翻訳にも対応したポータブル翻訳機「iFLYTEK Smart Translator」
iFLYTEK JAPAN AI SOLUTIONSは、ポータブル設計の翻訳機「iFLYTEK Smart Translator」を発表した。(2023/10/4)

応動時間要件を30秒に緩和:
需給調整市場の一次調整力商品、応動時間を拡大した「スカウティング枠」を導入へ
資源エネルギー庁では、調整力調達コストの低減を目的として、応動時間を10秒から「30秒以内」に要件緩和した一次調整力商品「スカウティング枠(オフライン枠)」の導入を検討している。本稿ではその詳細と今後の商品設計の見通しについて解説する。(2023/10/3)

中小企業にこそB2Bマーケティングを【後編】:
「THE MODEL」は一日にして成らず 形だけマネするより先に中小企業がやるべきことは?
オンラインとオフラインの各接点から得られた情報を顧客データベースに蓄積し、一元管理するのが、真のハイブリッドなマーケティングモデルへの第一歩。では、そのデータベースをどう構築し、活用すればいいのでしょうか。(2023/9/15)

iOS 16の「機内モード」に脆弱性 オフラインに見せかけつつ情報窃取も可能
iOS 16の機内モードに脆弱性があることがJamfによって報告された。これを悪用すると偽装した機内モードを表示させて攻撃者がデバイスへのアクセスを維持できる。(2023/8/21)

デジタル変革の旗手たち:
DX推進は経営そのもの、守りも攻めもできるところから一気に――H2Oリテイリング 小山徹氏
H2Oリテイリングでは2021年度からの3年間で260億円を投資して、ワークスタイルの変革や業務のデジタル化を通じた生産性の向上はもちろん、オンラインとオフラインの融合(OMO)施策や、新たな顧客を取り込む新事業モデルへの挑戦を加速する。同社のIT・デジタル化の推進について、ITmediaエグゼクティブ プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2023/8/9)

社員の意識変化:
駅構内の「びゅうプラザ」全て閉店→オンライン化へ 苦悩を越えて得た「逆算のDX思考」
JR駅構内に存在していた「びゅうプラザ」。現在は姿を消し、旅行商品の売り場はオフラインからオンラインに移っていった。オンライン上で蓄積されるデータを活用できるようになるまでの苦労や社員の意識変化について、JR東日本びゅうツーリズム&セールスに聞いた。(2023/8/4)

業界初、PayPayが「オフライン決済」に対応 ネットがない環境でも支払い可能に
PayPayが、通信障害時やインターネット回線が不安定、あるいは使用できない環境でも支払える、オフライン決済機能を搭載する。同機能は、国内の主要コード決済サービスとしては業界初としている。(2023/7/20)

PayPayのコード決済が圏外でも利用可能に 決済音は鳴らず、1日2回まで
PayPayが、オフラインの状況でもコード決済を利用可能にする機能を搭載。ユーザーのモバイル回線が遅かったり、圏外だったりした場合、「オフライン支払いモード」が表示される。新しいバージョンのアプリで順次提供される。(2023/7/20)

オフライン、オンプレミスでの独自LLM開発を1ケタ安く ELYZAがLLM開発支援プログラムを開始
言語生成AIのスタートアップが企業独自のLLM開発支援プログラムを立ち上げた。AI専門チームならではの精度向上のノウハウや開発基盤を提供するとしている。(2023/7/19)

6月1日から:
楽天のOMO店舗、渋谷スクランブルスクエアに展開 オフライン購入層を取り込む狙い
楽天グループと東急、楽天東急プランニングの3社は、「楽天市場」のOMO店舗を渋谷スクランブルスクエアに期間限定でオープンする。計15ブランド約140商品をテーマを変えながら展示・販売する。普段オフラインで美容関連商品を購入する層の需要を取り込む狙い。(2023/5/29)

YouTube Premiumに5つの新機能 iOSのSharePlayサポートなど
YouTube Premiumに5つの新機能が追加される。iOSでの高画質版提供やFaceTimeでの共同視聴などが可能になる。オフライン再生用の「スマート一時保存」機能も追加された。(2023/4/11)

ChatGPTで個人情報漏えい OpenAIが原因と対策を説明
OpenAIは3月20日にChatGPTをオフラインにした原因を説明した。バグにより、一部のユーザーの個人情報とチャット履歴が他のユーザーに表示されたため。バグは修正し、影響を受けたユーザーには連絡した。(2023/3/25)

「Yahoo! MAP」、ダウンロードした防災地図の自動更新機能を追加
ヤフーは8日、地図アプリ「Yahoo! MAP」のAndroid版において、オフラインで地図を確認できる「防災モード」に事前にダウンロードした地図が自動的に更新される機能を追加した。(2023/3/10)

マイナカードでキャッシュレス決済、災害時のオフライン環境でも 横須賀市など実証実験
横須賀市、ジェーシービー、トッパン・フォームズの3社は、大規模な災害発生による通信障害や電源途絶を想定し、マイナンバーカードを用いたオフライン環境でのキャッシュレス決済の実証実験を行う(2023/2/22)

Azureも障害、東南アジアで 冷却装置がダウン
「Microsoft Azure」の東南アジアリージョンで、2月8日午前5時19分ごろから障害が発生している。データセンターの一つで過剰な電力供給があり、冷却装置がオフラインになったという。(2023/2/8)

LINE、ヤフー、PayPayが「マイレージ」発表 ECでも店舗でも「買えば買うほどお得に」
LINE、ヤフー、PayPayの3社が、新たな販促プラットフォーム「LINE・Yahoo! JAPAN・PayPayマイレージ」を2023年3月から提供する。従来のクーポンで実施していた特定の店舗を対象にした施策ではなく、特定の商品を購入するほどにマイルがたまる。「オフラインとオンラインをつなぐ、メーカー、小売店、ユーザーの三方良しの販促DX」だとする。(2022/12/13)

「dynaDesk DT200」にLTSC版Windows 10プリインストールモデル登場
Dynabookが、Windows 10 IoT Enterprise LTSC 2021(64bit版)をプリインストールするデスクトップPCを発売した。主に、機能アップデート(大型更新)を嫌う用途や、オフラインで長期間運用される工場などでの運用を想定しているという。(2022/11/30)

Innovative Tech:
隠れたボイスレコーダーを検出する装置 不正な音声録音を防ぐ 成功率92%以上 中国チームが発表
中国の浙江大学、上海交通大学、Microsoft Research Asiaに所属する研究者らは、オフラインの隠しボイスレコーダーを検出するシステムを提案した研究報告を発表した。(2022/11/28)

未成年ハッカーによる犯罪【前編】
10代のハッカーが「Uber」を攻撃した“まさかの目的”
Uberはサイバー攻撃を受け、複数の重要システムをオフラインにせざるを得なかったことを公表した。攻撃の犯人は10代と見られている。何を目的として攻撃したのか。(2022/11/9)

工場セキュリティ:
PR:工場サイバー攻撃は物理と論理両面をひもといて防ぐ、攻撃者目線でリスクを明確化
工場へのサイバー攻撃が止まらない。スマート工場化により、製造現場の制御システムが社内ネットワーク上のサーバやインターネットとの接続が進む中、工場を狙い撃ちする攻撃が急増している。一方で製造現場ではセキュリティ対策の知見がなく、さらに設備の稼働を止めないことが最優先されるなどの特徴がいくつかあり、うまく対策を進められていないケースが多い。その中で対策の第一歩として考えられているのが攻撃経路をもとにしたセキュリティリスク評価だ。論理(オンライン)攻撃だけでなく、物理(オフライン)攻撃を含めた両方のリスクを一元的に把握する独自手法について紹介する。(2022/7/25)

脱炭素:
温室効果ガス排出量算定サービスに製品別、サービス別排出量算定機能を追加
ゼロボードは、温室効果ガス排出量算定、可視化サービス「zeroboard」に、製品やサービス別にGHG排出量を算定する機能を追加した。オフラインで支援していたCFP算定とサプライヤーからの一次データが、クラウドサービス上で連携可能になる。(2022/7/22)

金融ディスラプション:
アジアBNPL大手のAtome、日本上陸 オフライン決済にも注力
アジアで2700万以上のユーザーを持つ後払い(BNPL)決済サービス、Atome(アトミ)が7月6日、国内でサービスを開始した。Atomeは、2017年創業。19年にシンガポールでBNPLサービスを開始し、インドネシア、マレーシア、香港、台湾、ベトナム、フィリピン、タイ、中国本土などでサービスを提供している。日本が10番目のマーケットだ。(2022/7/6)

Google WorkspaceでMicrosoft Officeファイルのオフライン編集が可能に
Googleが、同社のコラボレーションツール「Google Workspace」において、Microsoft Officeファイルのオフライン編集が可能になったと発表した。(2022/6/29)

Android端末で撮影した写真をオフラインでもChromebookで開ける新機能
GoogleはChromebookとAndroid端末を連携する機能を発表した。1つはAndroid端末で撮影した写真をオフラインでもChromebookで開ける「スマートフォン ハブ」の新機能。もう1つは、「ニアバイシェア」でのWi-Fi接続の共有だ。(2022/6/24)

Cloudflareの障害、原因はBGPの設定ミス 東京を含む19の主要データセンターが一時オフラインに
CDNプロバイダーの米Cloudflareは、2022年6月21日(日本時間)に発生したネットワーク障害について、原因を発表した。BGP(Border Gateway Protocol)の設定ミスが原因で、東京を含む同社の主要な19のデータセンターで障害が発生したという。(2022/6/22)

マーベラスのアーケード音ゲー「WACCA」、サービス終了へ 終了後もオフライン稼働に対応
マーベラスが、アーケードリズムゲーム「WACCA」のサービスを8月31日に終了する。発表を受け、6月21日午後7時ごろに「WACCA」が日本のTwitterトレンドに入った。(2022/6/21)

WebブラウザのVivaldi、ビルトインメールアプリ「Mail 1.0」をリリース
WebブラウザのVivaldiが、組込式のメールアプリ「Vivaldi Mail」をリリースした。カレンダーとRSSリーダーと連携する。オフラインでも複数アカウントのメール検索が可能だ。(2022/6/10)

オンラインとオフラインの垣根を越えて
ポーラが「OMO」実現のために構築した新しいマーケティングシステムとは
オンラインとオフラインのあらゆる顧客接点を組み合わせ、一人一人の顧客に優れた体験を提供するにはどうすればよいのか。複数の接点ごとに分断された顧客データの一元管理を実現した、化粧品会社ポーラの事例を基に探る。(2022/4/22)

店舗とECはどうつなぐか? 都心大型旗艦店でアルペンが実践した店舗DX
ローコード開発環境を使ったアジャイルな手法はオンライン/オフラインを融合した店舗DXの仕掛けにどう役立つか。都心部に旗艦店を出店したアルペンのケースからECサイト全盛の今、小売業がリアル店舗を置く意味を考える。(2022/4/25)

データ統合、そして活用へ:
PR:LiveRampが提案するCookie規制時代のデジタルマーケティング術
複数のオンライン/オフラインを問わずサービスを展開しているのに、自社保有のファーストパーティーデータが活用できない企業は意外と多い。Cookie規制が強化される中、個人を特定せずにユーザー体験を高めるにはどうすればいいだろうか。対策を聞いた。(2022/4/27)

KyndrylがDellとの協業を拡大 サイバー攻撃へのレジリエンス確保を目指す
KyndrylはDellとの協業関係を拡大し、増大するサイバー脅威に対して効果的な「オフライン」バックアップサービスの提供を開始する。ネットワークからアクセスできないバックアップおよびリカバリーサービスを提供し、顧客のレジリエンスを確保する。(2022/4/21)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(208):
なんでそーなるの? Windows 11で見つけた愉快な日本語たち
前回はWindows 11に標準で組み込まれている「Microsoft Defender Antivirus」の「オフラインスキャン」が役に立たないかもしれないという問題を取り上げました。今回は、日本語版Windows 11でちょくちょく目にする「変な日本語訳」を取り上げます。(2022/4/20)

Microsoft、クラウドPCが起動する「Windows 365 Boot」やオフライン対応の「Windows 365 Offline」のデモ動画を公開
Microsoftが「Windows 365 Boot」や「Windows 365 Offline」、「Windows 365 Switch」のデモ動画を公開。各サービスの挙動や特徴を、動画の内容から分析する。(2022/4/12)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(207):
疑惑を検証! Windows 11の「Microsoft Defenderオフライン」は“いざ”というときに役に立つのか?
Windows 10とWindows 11には、マルウェア対策として「Microsoft Defender Antivirus」(旧称、Windows Defender)が標準搭載されています。そのスキャンオプションの一つ、「Microsoft Defenderオフラインスキャン」は、“いざ”というときに何の役にも立ってくれないかもしれないという疑惑を検証してみました。(2022/4/8)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
アイスの棚が「稼げる広告」に変身! 小売店の新しい可能性
小売店舗には「消費者との接点を持っている」という強みがあります。これまで、オフラインの小売店はオンラインの小売店に比べて広告では稼げないとされてきましたが、状況は変わってきているようで――。(2022/4/1)

今日のリサーチ:
コロナ禍の販促予算、「Web」より伸びた「DM」「商談用資料」――ラクスル調査
販促活動を最大化させるため、オンラインとオフラインを組み合わせた施策が求められています。(2022/3/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。