iFLYTEK、オフライン翻訳にも対応したポータブル翻訳機「iFLYTEK Smart Translator」

» 2023年10月04日 15時18分 公開
[ITmedia]

 iFLYTEK JAPAN AI SOLUTIONSはこのほど、ポータブル設計の翻訳機「iFLYTEK Smart Translator」を発表、10月5日に販売を開始する。予想実売価格は5万5900円(税込み)。

photo
photo

 本体サイズ56.5(幅)×140.6(奥行き)×10.4(高さ)mm、重量129.5gの小型筐体を採用した翻訳機で、5.05型ディスプレイを内蔵した。独自開発をうたう音声翻訳エンジンを搭載、音声での翻訳の他にもカメラで撮影した文字を翻訳できるカメラ翻訳、画面を2分割した互いの言語を表示できる対面翻訳機能も搭載した。

 また事前の言語パックをインストールしておくことでネットワーク環境がない場所でも音声翻訳を行えるオフライン翻訳も利用可能だ。内蔵バッテリー駆動時間は翻訳時で最大約5時間となっている。

 なお購入後2年間はグローバル通信が無料で利用可能。3年目以降は別途Wi-FiまたはSIMなどのネットワーク接続が必要となる(SIMはnano SIMおよびeSIMに対応)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月14日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. マウスを「自分好み」にできるアタッチメントに熱視線/完全ファンレスBTO PCも (2024年07月13日)
  3. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  4. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  5. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  6. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  7. “デスクトップSSD”とは!? 容量8TBの超高速ストレージ「SanDisk Desk Drive」を試す (2024年07月03日)
  8. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  9. サンワ、Type-C接続に対応した6ポート搭載外付け拡張ドック (2024年07月12日)
  10. 利用用途にマッチすれば最高の10.3型白黒電子ペーパータブレット「BOOX Go 10.3」 洗練された高い完成度が魅力 (2024年07月08日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー