プロナビ
ニュース
» 2019年07月03日 14時35分 公開

キングジム、72言語に対応した窓口業務向けの対話型翻訳機「ワールドスピーク」

キングジムは、対面式で利用できる2台1組の対話型翻訳機「ワールドスピーク」を発売する。

[ITmedia]

 キングジムは7月3日、対面式で利用できる2台1組の対話型翻訳機「ワールドスピーク」(型番:HYK100)を発表、7月19日に発売する。価格(2台セット)は14万8000円(税別)。

photo
photophoto HYK100

 ホテルのカウンターや公共施設の窓口などでの利用を想定した2台1組タイプの据え置き型翻訳機。会話ボタンを押しながら端末に話しかけることで、ペアリングしたもう1台の端末に翻訳結果がテキスト表示され、音声読み上げが行われる仕組みになっている。

 対応言語は72言語で、それぞれの言語に合わせ複数の翻訳エンジンを自動選択することで高精度の翻訳を実現できる。月額費用や年単位での更新費などといった、本体購入費以外のランニングコストが不要となっているのも特徴だ。また、本機をPCとUSB接続することで、履歴(テキストファイルとMP3の音声ファイル)を参照できる。

photo 対応言語 ※アップデートで変動の可能性あり

関連キーワード

キングジム | 対話型 | 業務


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう