ニュース
» 2011年01月31日 13時04分 UPDATE

インターネットが“消えた” グラフで見るエジプトのネット遮断

政治的な混乱が続いているエジプトで、政府当局がネット接続をほぼ全面的に遮断した。「エジプトの携帯キャリアは、政府の要求に従う以外に選択肢はない」とVodafoneは述べている。

[ITmedia]

 反政府デモが続くエジプトで、インターネット接続と携帯電話サービスがほぼ全面的に遮断されたと報じられている。

 長期独裁政権を崩壊させたチュニジアの「ジャスミン革命」の余波で、エジプトでは政権打倒を目指すデモが続いている。デモ参加者がTwitterやFacebookで連絡を取り合っていることから、当局はこれらサービスへの接続を遮断。さらに28日には同国のインターネットアクセスの90%が消えたという。

 米セキュリティ企業Arbor Networksによると、28日に世界中の80のプロバイダーとエジプトとの間のトラフィックが突然急減したという。それまでは、デモの活発化とともにトラフィックが拡大していた。

ah_egypt1.jpg

 米ネットワークセキュリティ企業Renesysは、エジプトのISPが27日夜に、他国と通信するためのルーティング情報の提供を停止したとしている。エジプトのネットトラフィックのほとんどを占める4大ISPがほぼ同時にアクセスを遮断したようだ。

ah_egypt2.jpg ルーティング情報の提供停止が急増
ah_egypt3.jpg 4大ISPのアクセスが停止

 またGoogleによると、エジプトでのYouTubeやGoogle検索などのサービスへのトラフィックが28日から急減している。

ah_egypt4.jpg

 Vodafoneは、29日にエジプトで音声通話サービスが復旧したと明らかにしたが、インターネットの遮断は続いているようだ。Vodafoneは、「エジプトの携帯電話キャリアには、法的にも実質的にも、政府の要求に従う以外に選択肢はない」と述べている。

 またデモの波及を恐れてか、中国では現在、マイクロブログサービスで「エジプト」という言葉が遮断されているという。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。