ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2011年02月02日 08時38分 UPDATE

ルネサスが70億円の営業利益を予測、SoC事業は伸び悩む

ルネサスの第3四半期決算は半導体売上高が減少したが、原価率は改善した。

[畑陽一郎,EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは、2011会計年度第3四半期(2010年10月〜同12月)の決算を発表した。

 半導体3事業(マイコン、アナログ&パワー半導体、SoC)の売り上げがいずれも第2四半期期比マイナスとなったことから、半導体売上高は第2四半期比7%減の2444億円にとどまった。しかし、旧2社の統合の効果が表れ、販売費、一般管理費を圧縮でき、原価率が改善したことで、営業利益は第2四半期比で23億円増の34億円となった。→続きを読む

この記事はEETIMESから転載しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.