ニュース
» 2011年02月03日 19時16分 UPDATE

トヨタがソーシャルアプリコンテスト 「クルマのピンチを救って」

「クルマの救世主、探しています」――トヨタが車への関心を高めるソーシャルアプリのアイデアを募集している。最優秀賞の賞金は100万円。

[ITmedia]
画像

 「新しい日本の才能でクルマのピンチを救って」――トヨタマーケティングジャパンは2月3日、自動車の楽しさや面白さを伝えるソーシャルアプリのアイデアを募集するコンテスト「TOYOTA SOCIAL APP AWARD」の募集を始めた。

 「若年層の車への関心の低下している」という危機感から企画。「ハッキリ言ってピンチ」という状況を食い止めるべく、自動車への関心を高めるソーシャルアプリのアイデアを募集する。

 PC、モバイル、スマートフォンの3部門あり、アプリプラットフォームは「GREE」「mixi」「モバゲータウン」「ハンゲーム」「Yahoo!モバゲー」「Yahoo!アプリ」「aima」から選べる。

 募集は4月28日までで、授賞式は5月25日の予定。最優秀企画賞には賞金100万円が出るほか、優秀作品に選ばれると開発支援金を受け取れる。アプリプラットフォーム各社は、アプリ完成に向けたサポートメニューも準備する。

 NHN Japan、グリー、ディー・エヌ・エー、ミクシィ、ヤフーが後援している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -