ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2011年02月17日 10時45分 UPDATE

Google、統計データ視覚化サービスを一般に公開

これまで公共データのみが対象だった「Google Public Data Explorer」に、一般ユーザーも自分のデータをアップロードし、グラフ化できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月16日(現地時間)、昨年3月にGoogle Labsで公開した統計データ視覚化サービス「Google Public Data Explorer」に、一般ユーザーも自分のデータをアップロード、視覚化できるようにしたと発表した。

 Google Public Data Explorerは、世界銀行や経済協力開発機構(OECD)などが公開しているデータセットを利用してグラフやバブルチャートを作成し、自分のWebサイトやブログに組み込めるサービス。現在27のデータセットが利用できる。

 この視覚化サービスに一般ユーザーが自分のデータをアップロードできるようになった。ユーザーは、Dataset Publishing Language(DSPL)というXMLベースの書式で自分のデータをあらかじめ準備し、Public Data Explorerページの「My Datasets」コーナーからアップロードする。

 data

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.