ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「統計」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

SQL Server動的管理ビューレファレンス(111):
列ストアインデックスの行グループ単位のアクティビティー統計に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、列ストアインデックスの行グループ単位のアクティビティー統計に関する情報を出力する方法について解説します。(2022/5/17)

今日のリサーチ:
「統計学」「マーケティング」が人気――エン・ジャパン「身につけたいITスキルや知識」に関する調査
これから学びを実践予定の社会人549人に聞いた注目のITスキルは?(2022/5/11)

エン・ジャパン調べ:
今後学びたいITスキル・知識 若手は「マーケティング」「プログラミング」が人気
企業がDXを推進するのに伴い、IT関連スキルが注目されている。今後身につけたいITスキルは「統計学的知識」が最も多く42%だった。年収1000万以上では「AIなど先端技術の知識」の回答が多かった。(2022/5/11)

モデル別に年間平均故障率(AFR)を算出:
Backblaze、自社データセンターにおけるSSDの使用統計レポートを発表
Backblazeは、自社データセンターにおけるSSDの使用統計レポートを発表した。統計対象のSSDは全て、ストレージサーバの起動ドライブとして使われている。(2022/4/20)

急激にストリーミングにシフトした日本の音楽産業の「これから」を統計から考察する
日本レコード協会が公開した「日本のレコード産業2022」を読み込んだ西田宗千佳さんが、さらにそこから先を予測する。(2022/4/8)

AI・機械学習の独学リソース:
データサイエンス/AI/ディープラーニングの資格ガイド
AI/機械学習/データサイエンス関連で筆者が注目する、データサイエンティスト検定、G検定/E資格、統計検定、データサイエンス数学ストラテジスト、人工知能プロジェクトマネージャー試験という5つの認定資格や検定試験を紹介する。(2022/4/4)

全地域で一桁台後半から二桁の成長:
半導体材料の販売額、2021年は過去最高を更新
SEMIは2022年3月16日(米国時間)、世界の半導体材料市場統計を発表した。これによると、2021年の販売額は643億米ドルで、2020年実績を15.9%上回り過去最高を更新した。(2022/3/25)

湯之上隆のナノフォーカス(48):
メモリ不況は当分来ない? 〜懸念はIntelのEUVと基板不足、そして戦争
筆者は世界半導体市場統計(WSTS)のデータを徹底的に分析してみた。その結果、「メモリ不況は当分来ない」という結論を得るに至った。そこで本稿では、その分析結果を説明したい。(2022/3/17)

統計を読む:
氷河期世代という物語 「非正社員が多い」は幻想か?
1993年〜04年に学校卒業期を迎えた世代、いわゆる「氷河期世代」。バブル崩壊後の不況で正社員になれず、非正社員でいる人が多いといわれますが、この物語は本当なのでしょうか。統計をひも解いてみると……?(2022/3/6)

AI・機械学習の用語辞典:
概念ドリフト(Concept drift)/データドリフト(Data drift)とは?
用語「ドリフト」について説明。何らかの変化によってモデルの予測性能が劣化すること。その原因が、正解ラベルの概念が変化した場合は「概念ドリフト」、入力データの統計的分布が訓練時から変化した場合は「データドリフト」と呼ばれる。(2022/2/21)

前年から最大10%成長:
半導体産業、2022年には6000億ドル規模と予測
半導体産業を“基幹産業”と見なす予測が増えていることから分かるように、近年、半導体は、食品や電力、輸送に迫る重要な産業になっている。世界半導体市場統計(WSTS)は、「2022年の世界半導体市場は、ロジックチップとセンサーチップの需要が2桁増加する見通しで、前年比8.8%増となる6010億米ドルに成長する」と予想している。(2022/2/1)

AI・機械学習のデータセット辞典:
California Housing:カリフォルニアの住宅価格(部屋数や築年数などの8項目)の表形式データセット
データセット「California Housing」について説明。2万640件のカリフォルニアの住宅価格の「表形式データ(部屋数や築年数などの8項目)」+「ラベル(住宅価格)」が無料でダウンロードでき、回帰問題などのディープラーニングや統計学/データサイエンスに利用できる。scikit-learnにおける利用コードも紹介。(2022/1/31)

建設業の人材動向レポート(40):
「昨年は公共工事が下支えも今後はやや減少か」建設市場の2021年振り返りと2022年展望
本連載では、ヒューマンリソシアが運営する「建設HR」が独自に調査した建設業における人材や市場動向について、さまざまな観点で毎月レポートを発表している。今回は、「建設総合統計」をベースに、建設市場の2021年振り返りとともに、2022年の動向も予測している。(2022/1/25)

PayPay、ユーザー数4500万人突破 スマホユーザーの半数以上が利用か
PayPayは、同社が運営するQRコード決済サービス「PayPay」のユーザー数が4500万人を突破したと発表した。総務省の統計を用いて算出したところ、日本国内のスマートフォンユーザーの2人に1人以上が利用している計算になるという。(2022/1/24)

炎上・中止から9年――JR東、Suicaデータから駅の利用状況分析「カルテ」外販へ
Suica利用者のデータを基にした統計情報リポート「駅カルテ」をJR東が発表。駅ビルなど自社グループ内で活用する他、自治体など社外に販売することも検討する。(2022/1/21)

ICT:
現場帳票のペーパーレス化と作業間調整会議のリモート化を推進、西松建設
西松建設は、現場の生産性向上を図るために、イーリバースドットコム製のWebサービス「Buildee調整会議」を用いて、帳票のペーパーレス化や作業間調整会議のリモート化を実現する取り組みを行っている。また、Buildee調整会議に入力した作業実績データ(作業内容、人工など)を出来高計算や死傷統計といった報告に利活用することで、各業務を効率化する。(2022/1/19)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(76):
キャッシュされたトリガーの実行統計を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、キャッシュされたトリガーの実行統計の出力について解説します。(2022/1/17)

総務省「誰でも使える統計オープンデータ」無料オンライン講座スタート
総務省が「誰でも使える統計オープンデータ」を開講。統計オープンデータを活用したデータ分析の手法を解説する無料講座だ。(2022/1/11)

Tech TIPS:
構造化Excelテク:年と年度、西暦と和暦といった「年」に関するもろもろを解決する
Excelで作成する表には、年や年度を使うことも多い。こうした「年」が入った表は、データの入力に気を付けないと、正しく集計ができなくなるなど活用に困ることになる。そこで、「年」や「年度」を入力する際のポイントや総務省が政府統計の総合窓口(e-Stat)向けに推奨している「時間軸コード」について解説する。(2021/12/27)

PR:データ分析にAIを使うメリットを解説 “データサイエンティストいらず”の専用ツールを活用事例と一緒に紹介
データ活用を始めたいが考え方やツールが分からない――こんな悩みに、ベストセラー書籍「統計学が最強の学問である」の著者である西内啓氏が答えます。登場したのは、データサイエンティストの仕事の8割を自動化するツールでした。日本のDXについて語る特別対談の後編です。(2021/12/15)

PR:DX時代のデータ活用に役立つツール 「統計学が最強の学問である」著者が起業して開発に至った背景に迫る
企業のDXやデータ活用を手探りで進めるのは難しいものです。そこでデータ活用の“いろは”を解説したベストセラー書籍「統計学が最強の学問である」の著者である西内啓氏に、日本のDX推進のヒントを聞いた特別対談の前編です。(2021/12/15)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(69):
実行プランの集計されたパフォーマンス統計に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、実行プランの集計されたパフォーマンス統計に関する情報の出力について解説します。(2021/12/14)

日本の開発者はどの程度GitHubを利用しているのか:
GitHubは開発者の生産性向上に、どの程度役立っているのか
ソフトウェア開発者の活動をまとめた年次レポート「The State of the Octoverse 2021」をGitHubが発表した。さまざまな統計情報が分かる他、レビュー人数がどの程度であれば最も生産性が上がるのかといった疑問にも答えを出している。(2021/12/9)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
WSTSの半導体市場規模最新予測を前回予測と比較してみた
WSTS(世界半導体統計機関)は2021年秋季半導体市場予測を発表しました。そこで、今回予測と前回、6月公表の予測を見比べてみました。(2021/12/6)

WSTS、予測を上方修正:
2022年の世界半導体市場規模は6000億米ドル超へ
世界半導体市場統計(WSTS)は2021年11月30日、2021年秋季の半導体市場予測を発表した。(2021/11/30)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(63):
コンパイル時のリソースセマフォに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、クエリオプティマイザーの操作統計に関する情報の出力について解説します。(2021/11/24)

2018年度の所得:
沖縄県民所得 県平均超えたのは22市町村、トップはどこ?
沖縄県統計課は11月19日、2018年度の県市町村民所得(県民所得)の概要を発表した。市町村別の1人当たりの所得は……。(2021/11/23)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(62):
クエリオプティマイザーの操作統計に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、クエリオプティマイザーの操作統計に関する情報の出力について解説します。(2021/11/22)

一覧表で分かる:
【続報】故障しにくいHDDはどれか? SSDとも比較
クラウドストレージを提供するBackblazeは、自社のデータセンターにおけるHDDとSSDの使用統計レポートを発表した。故障しにくいHDDがどれか、故障しやすいHDDがどれかが分かる。SSDについてもHDDと比較した。(2021/11/18)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(60):
キャッシュされたプロシージャの実行統計を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、キャッシュされたプロシージャの実行統計の出力について解説します。(2021/11/15)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】NYダウが5週連続で上昇
NYダウが5週連続で上昇、5週連続は19年2月にかけての9週連続以来の長さとなりました。10月の米国雇用統計で雇用者数の増加が市場予想を上回り、米国の経済活動正常化への期待が高まり、景気敏感株を中心に買いが入りました。(2021/11/9)

産業動向:
建設業の“海外人材”活用は他産業よりも大幅増だが技能工は伸び悩む、建設HR独自分析
建設HRは、人手不足に陥っている国内の建設業界で海外人材の動向をさまざまな調査統計をもとに分析した。調査レポートでは、他の産業と比較しても大幅に増加している一方、特定技能で建設技能工として来日する海外人材は伸び悩んでいる実態が判明した。(2021/11/2)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】米国企業、好決算の銘柄が相場の支えに/今週は注目のFOMC雇用統計
米国での決算発表が相次ぎ、好決算を発表した銘柄が買われ相場の支えになりました。主要3指数は最高値を更新しました。(2021/11/2)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(57):
キャッシュされた関数の実行統計に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、キャッシュされた関数の実行統計に関する情報の出力について解説します。(2021/11/2)

副業の容認は朗報か:
ビジネスマンの給料の減少が止まらない。副業に走るしかないのか?
先日、国税庁から2020年の給与所得の統計が公表されたが、2年連続のマイナスだという。ビジネスマンの給料の減少が止まらない。(2021/10/25)

B&Kプレシジョン 5490Cシリーズ:
4.3インチLCDディスプレイのデジタルマルチメーター
B&Kプレシジョンは、ベンチトップタイプのデジタルマルチメーター「5490C」シリーズを発売した。4.3インチLCDディスプレイを採用し、デュアルディスプレイやバーメーター、トレンドチャートなどの統計を表示できる。(2021/10/14)

2年連続で減少:
民間の平均給与は433万円、コロナ禍で給料が上がった業種は?
国税庁が発表した「2020年分 民間給与実態統計調査結果」によると、ビジネスパーソンの平均給与額は433万円。業種別で見ると……。(2021/10/14)

純増効果を可視化:
オプトが統計学による新広告評価ツール「Geo Analysis」を開発
オンラインかオフラインかを問わず、プロモーション活動における広告配信の純増効果を可視化できる。(2021/10/12)

建設業の人材動向レポート(37):
「建設業は他産業よりも65歳以上の割合が高く高齢化は進む」建設HRレポート
本連載では、建設HR 編集部(旧ヒューマンタッチ総研)が独自に調査した建設業における人材動向について、さまざまな観点で毎月レポートを発表している。今回は、総務省統計局の「労働力調査」を基礎資料に、建設業界の高齢化について考察している。(2021/10/8)

今日のリサーチ:
テレビCMの本当の広告効果とは? フジテレビジョンとサイカが共同研究
サイカが保有する75社109ブランド249事例を統計処理した分析データを解析することで、これまで不明瞭だったテレビCMの広告効果に影響を及ぼす要素を可視化しました。(2021/9/27)

AI・機械学習の用語辞典:
平均絶対偏差(Mean Absolute Deviation)/中央絶対偏差(Median Absolute Deviation)とは?
用語「平均絶対偏差」「中央絶対偏差」について説明。いずれもデータの広がり具合を表す統計量。平均絶対偏差は、各データに対して「平均値との差」(=偏差)の絶対値を計算し、その総和をデータ数で割った値(=平均値)を表す。中央絶対偏差は、各データに対して「中央値との差」(=偏差)の絶対値を計算し、その全ての絶対値から求めた中央値を表す。(2021/9/27)

建設業の人材動向レポート(36):
「上期の建設市場は全月で前年同月を上回る、下期は民間工事も復調か」建設HRレポート
本連載では、建設HR 編集部(旧ヒューマンタッチ総研)が独自に調査した建設業における人材動向について、さまざまな観点で毎月レポートを発表している。今回は、国土交通省の「建設総合統計」と「建設工事受注動態統計調査」を基礎資料に、2021年上半期の市場動向と下半期の予測について考察している。(2021/9/23)

AI・機械学習の用語辞典:
分散(Variance)/標準偏差(SD:Standard Deviation)とは?
用語「分散」「標準偏差」について説明。いずれもデータの広がり具合を表す統計量。分散は、各データに対して「平均値との差」(=偏差)の二乗値を計算し、その総和をデータ数で割った値(=平均値)を表す。標準偏差は、分散に対する平方根の値を表す。(2021/9/22)

ソーラーシェアリング入門(50):
単年の許可数は過去最高に、農水省の最新統計で見る「ソーラーシェアリング」導入状況
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は農林水産省が発表した、ソーラーシェアリングに関する最新の統計情報の内容を解説します。(2021/9/13)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】日経平均は菅総理不出馬で大きく上昇、米雇用統計は予想を大きく下回る
3日に自民党総裁選に菅総理大臣が出馬しないと表明したことで、日本に新たな首相が誕生する見通しが市場を活気づけ、日経平均は大きく上昇しました。(2021/9/7)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(40):
クエリプロセッサのバックグラウンドジョブの実行統計を確認する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、クエリプロセッサのバックグラウンドジョブにおける実行統計の確認について解説します。(2021/9/6)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】ジャクソンホール会議は無事通過、3日の雇用統計に注目が集まる
(2021/8/31)

製品動向:
クラッソーネと南知多町が空き家解体促進に関する連携協定を締結
愛知県知多郡南知多町は、町内の安全性向上や魅力のアップを目的に、クラッソーネと「空き家除却(解体)促進に関する連携協定」を締結した。今後、総務省統計局の「平成30年住宅・土地統計調査」で発見された1100戸の空き家を対象に、クラッソーネが運営する解体工事の一括見積もりWebサービス「くらそうね」を紹介し、空き家の解体を促す。(2021/8/27)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】労働市場の改善が示され、テーパリング圧力高まる
先週発表された雇用統計で雇用者数が予想を大きく上回り、ダウは約2週間ぶりに最高値を更新、長期金利は1.3%台まで上昇しました。力強い雇用の回復がテーパリング圧力を高めており、市場では想定よりも早い段階での量的緩和の縮小が意識されています。(2021/8/11)

統計から見る「テレビのオリンピック需要」幻想と「日本のテレビの20年」
西田宗千佳さんが、テレビとオリンピックの関係を数字から検証した。(2021/7/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。