ニュース
» 2011年02月17日 17時26分 UPDATE

ユニクロがFacebook連携サイト 柳井社長「ネットの匿名は信用できない」

ユニクロがFacebookと連携した新サイトをオープン。Facebookのアカウントでログインし、ユニクロの洋服を着た写真を投稿できる。

[宮本真希,ITmedia]
画像 UNIQLOOKS

 ユニクロは2月17日、ユニクロの洋服を着た写真を投稿・共有するサイト「UNIQLOOKS」(ユニクルックス)を開設した。FacebookのID・パスワードで利用でき、Facebookの「いいね!」ボタンを利用。いいね!を多く集めた写真が目立つ仕組みになっている。

 同社の柳井正社長はFacebookについて「実名ベースということは責任ある情報を交換する場」と評価。UNIQLOOKSの連携先として、数あるSNSのなかでもFacebookが「一番良いと思った」という。

 UNIQLOOKSにはFacebookアカウントでログインし、ユニクロの洋服を着た自分の写真を投稿してもらう。写真ごとのページにコメントを付けたり、Facebookの「いいね!」ボタンを使って評価を伝えたりできるほか、ユニクロオンラインショップへのリンクも備える。

画像 トップページにはいいね!を多く集めた写真を掲載

 トップページでは、いいね!を多く集めた写真を一覧表示し、人気の着こなしが一目で分かるようにしている。サイトは日本語のほか、英語やフランス語など6カ国語に対応。撮影者の所在地や年齢層を指定して写真を検索できる機能もあり、海外の人の着こなしを楽しむこともできる。

 一般ユーザーの写真を使って「リアルなユニクロの着こなしを知ってもらう」(同社商品マーケティング&コミュニケーションチーム松沼礼リーダー)のが狙い。今後はUNIQLOOKSを使ったコンテストを開催するなどして、サイトを盛り上げていく。3月にはiPhoneアプリを提供する予定だ。


画像 柳井社長(中央)。発表会では、今春から力を入れていくチノパンとカーゴパンツも披露した

 柳井社長は「今はソーシャルネットワークの時代、つまり個人の時代だ。エジプトの政変も個人が意見を言うところから始まっている。それがファッションの世界でもできるんじゃないか。UNIQLOOKSは、誰でも参加でき双方向で世界中の人と情報交換できるサイトにしたい」と意気込む。

 Facebookについては「実名ベースということは責任ある情報を交換する場」(柳井社長)と評価。FacebookがGoogleを抜き米国でアクセス数1位になっていることにも触れ、UNIQLOOKSの連携先として、数あるSNSの中でFacebookが「1番いいと思った」という。

 柳井社長は「ネットの匿名性は信用できない。自分がこういうふうに思うというのを言うのは、実名じゃないといけないんじゃないか」ともコメント。「(Facebookは)一番正確な情報を発信したり受信したり出来る場だと思う」と評価している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -