ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2011年02月22日 18時32分 UPDATE

Microsoft、FacebookとHotmailの統合を強化――受信トレイでFacebookチャットが可能に

「GmailではGtalkが使えるが、HotmailならWindows Live MessengerとFacebookチャットを使える」とMicrosoft。

[ITmedia]

 米Microsoftは2月21日(現地時間)、Webメールサービス「Hotmail」の受信トレイでFacebookの友達とチャットできる機能を世界のユーザーに提供開始したと発表した。Microsoftは昨年9月にこの機能を限定地域(米、英、仏、独、露、ブラジル)で公開している。今回の範囲拡大で、HotmailとFacebookの両方のアカウントを持っているすべてのユーザーは、FacebookのアカウントをWindows Liveに接続することでこの機能を利用できる。

 Hotmailのグループプログラムマネジャー、ディック・クラドック氏は公式ブログで、「米GoogleはGmailの受信トレイに自社のチャットシステム(Gtalk)を組み込んだが、われわれはHotmailに自社のチャットだけでなく、Facebookチャットも組み込むことで一歩先んじた」とコメントしている。

 この機能を使うには、Windows Liveの「他の利用中のサービスをWindows Liveに接続」でFacebookを選択し、「Facebookの友だちとMessengerでチャットする」のチェックを入れ、「Connect with Facebook」をクリックする。これでHotmailの受信トレイの「Messenger」に、Facebookの友達名が追加され、クリックすれば相手とチャットできるようになる。

 chat

 Microsoftは昨年8月に一部地域でWindows Live MessengerでFacebookの友達とチャットできるようにしており、2月に入ってこのサービスの提供対象を世界に拡大した。現在FacebookのアカウントをWindows Liveと接続しているユーザー数は2000万人以上という。

 MicrosoftはBing BarでFacebookのアクティビティ管理機能を追加するなど、Facebookとの提携を強化することで米Googleのサービスとの差別化を図っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.