ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2011年03月12日 11時44分 UPDATE

「Windows Azure」を30日間無料で 東北地方太平洋沖地震受け

東北地方太平洋沖地震を受け、「Windows Azure」を30日間無料で利用できるパスが公開されている。

[ITmedia]

 東北地方太平洋沖地震を受け、日本マイクロソフトは3月12日、クラウドサービス「Windows Azure」の30日間無料パスを用意した。クラウドを使って協力したいという人に活用してもらう。

 専用ページで国を「JAPAN」に指定し、プロモコード「AZURE312」を入力する。

 同社で開発ツールのマーケティングを担当している@masamisさんによると、「通常2、3営業日かかるアクティベーションを早急対応できるよう手配中」だ。

関連キーワード

地震 | 災害 | Windows Azure | Microsoft


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.