ニュース
» 2011年03月22日 14時44分 UPDATE

MicrosoftがAndroid電子書籍リーダー「NOOK」めぐり特許訴訟

「AndroidプラットフォームはMicrosoftの特許を侵害している」として、Microsoftが電子書籍リーダー「NOOK」も販売元と製造業者を訴えた。

[ITmedia]

 米Microsoftは3月21日、米書店チェーンBarnes & Nobleなどを特許侵害で提訴したと明らかにした。Barnes & NobleのAndroid搭載電子書籍リーダー「NOOK」に特許を侵害されたと申し立てている。

 Microsoftは米国際貿易委員会(ITC)およびワシントン地区の米連邦地裁に訴状を提出した。被告にはNOOKの販売元であるBarnes & Noble、同デバイスを製造する台湾のFoxconn International HoldingsとInventec Corporationが挙げられている。問題となっている特許は、タブを使って複数の画面から情報を探す方法や、Webを素早く閲覧する方法、文書や電子書籍を操作する方法に関するもの。

 「AndroidプラットフォームはMicrosoftの多数の特許を侵害している。Androidデバイスを製造し、出荷している企業は当社の知的財産権を尊重しなければならない」とMicrosoftは発表文で述べている。

 同社はAndroidデバイスメーカー向けの特許ライセンスプログラムを設けており、昨年には台湾のHTCと契約を結んでいる。Barnes & Nobleともライセンス契約を結ぼうとしたが、拒否されたため訴訟を起こさざるを得なかったとしている。同社はAndroidデバイスをめぐって米Motorolaも特許侵害で提訴している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -