ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2011年04月27日 09時04分 UPDATE

スマートフォンの新規購入者の半数がAndroidを選択――米Nielsen調査

ニールセンの米スマートフォン市場に関する月例調査によると、過去半年にスマートフォンを購入したコンシューマーの50%がAndroidを選んだ。「次に欲しい端末」調査でもAndroidがiOSを抜いてトップだった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米調査会社Nielsenが4月26日(現地時間)に発表した月例の米スマートフォンOS市場に関する調査データによると、新規スマートフォン購入者(2010年10月〜2011年3月の6カ月)の50%が米GoogleのAndroidを搭載する端末を選んだという。

 新規購入シェアでは2010年7月からAndroidがトップを維持しているが、半数を占めたのは今回が初めてだ。米AppleのiOS搭載端末は25%、カナダのResearch In Motion(RIM)のBlackBerryは15%だった。

 nielsen 1 米スマートフォン新規購入シェア(2010年10月〜2011年3月、資料:Nielsen Company)

 3月のスマートフォンシェアでは、前月の調査結果で初めて首位になったAndroidが2位以下との差をさらに広げ、37%を獲得。2位は27%のiOS、前回iOSと同列2位だったBlackBerryは22%で3位に落ちた。

 nielsen 2 米スマートフォン市場シェア(資料:Nielsen Company)

 Nielsenは、「次に購入したいスマートフォン」のアンケート結果も発表した。2010年7月〜9月と2011年1月〜3月の2回の調査結果を比較した以下のグラフで明らかなように、AndroidがiOSを抜いてトップになっている。また、Windows Phone 7搭載端末が2010年11月に米国で発売されたが、MicrosoftのWindows MobileあるいはWindows Phone 7端末の購入希望は前回の調査時点より1ポイント低くなっている。

 nielsen 3 次に購入したいスマートフォン(資料:Nielsen Company)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.