ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2011年05月30日 10時03分 UPDATE

Mozilla、「Firefox 6」のAurora版をリリース

開発者からのフィードバックを目的とするリリースチャンネル「Aurora」のFirefoxのバージョンが6になり、Nigtyの7からFinalの4までバージョンが出そろった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Mozillaは5月27日(現地時間)、AuroraチャンネルのFirefoxをバージョン6にアップデートしたと発表した。「Future of Firefox」のページからダウンロードできる。

 MozillaのWebブラウザのリリースサイクルは、完成度別に「Nightly」「Aurora」「Beta」「Final」の4段階のチャンネルに分かれており、現在Finalのバージョンは4、Betaのバージョンは5、Nightlyのバージョンは7となっている。

 バージョン6ではHTML5やDOM level 3への対応を拡大したほか(具体的な対応リストはこちら)、以下の機能が追加された。

  • Webサイトごとにプライバシーの設定を変更できる「Data Management Window」
  • プラグインの互換性を確認できるアドオンマネージャ
  • Firefox 4から搭載されているPanorama機能が強化され、ブラウザの起動時間が短縮された
  • ブラウザ上でJavaScriptのスニペットを構築・テストできる「Scratchpad」
  • Web Consoleのコンソールをウィンドウの別の部分に移動したり、独立したウィンドウとして表示できるようになった
  • Web Developer Menuに、Firefox Aurora Menu Buttonから開発ツールにアクセスするボタンが追加された
 firefox 「Data Management Window」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.