ニュース
» 2011年06月03日 07時29分 UPDATE

Apple、「MacDefender」の新たな亜種に対応

ウイルス対策ソフトメーカーのIntegoは、Appleの対策とマルウェアの出現について、「いたちごっこが始まった」と評価する。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Mac専門のウイルス対策ソフトメーカーの米Integoは6月2日のブログで、米Appleがマルウェア検出のための定義ファイルを更新し、偽ウイルス対策ソフト「MacDefender」の新しい亜種に対応したと伝えた。

 MacDefenderはウイルス対策ソフトに見せかけてMacに感染するマルウェア。Appleは不正ファイル隔離機能「File Quarantine」の定義ファイルを更新し、これを検出できるようにしたが、その直後に別の亜種が出現していた。

 Integoによると、再度の定義ファイル更新で、この亜種も「MacDefender.C」として検出されるようになったという。

 こうした動きについてIntegoは「いたちごっこが始まった」と述べ、このマルウェアの背後にいるグループは非常に動きが速いが、Appleも迅速に対応したと評価している。

 セキュリティ企業の英Sophosも、Appleの対応で新たな亜種が検出されるようになったことを確認した。しかし、Appleのウイルス対策ツールが1日に1回しか更新されないこと、Mac OS X 10.6(Snow Leopard)にしか搭載されていないこと――などを問題点として挙げている。

macmalc.jpg 亜種も出現から1日で検出されるようになった(Integoより)

関連キーワード

Mac | Apple | MacDefender | Intego


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -