ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2011年06月23日 14時53分 UPDATE

Googleの開発者支援ツール「DOM Snitch」、Webサイトに潜む危険を検出

DOM Snitchでは潜在的に危険なJavaScriptのメソッドやプロパティを見つけ出し、セキュリティ問題につながる可能性があるかどうかの診断に役立てられるという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Googleは、Webサイトのコードを調べてセキュリティ問題の発見を支援するChromeブラウザの拡張機能「DOM Snitch」の試験版を開発者向けにリリースした。

 GoogleのTestingブログによると、同社がこれまでに提供してきた開発者向けのセキュリティ診断ツールがサーバサイドのコードのチェックに主眼を置いていたのに対し、DOM Snitchではクライアントサイドコードの問題を見つけ出せるのが特徴だという。

 同ツールを実行すると、例えば「document.write」「HTMLElement.innerHTML」など、潜在的に危険なJavaScriptのメソッドやプロパティを見つけ出し、その文書のURLとスタックトレースを記録する。

 この情報をもとに、クロスサイトスクリプティングやコンテンツ混合、DOMアクセスポリシーに関する同一生成元ポリシーの改ざんなど、クライアントサイドのセキュリティ問題につながる可能性があるかどうかを診断できるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.