ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2011年06月30日 12時26分 UPDATE

国士舘大学が学内ICTシステムを全面クラウド化、国内大学では初

国士舘大学は、日本マイクロソフトと連携して学内の業務システムや学生向け情報システムをクラウドサービス環境に移行する。

[國谷武史,ITmedia]

 国士舘大学と日本マイクロソフトは6月30日、国士舘大学の学内ICTシステムをクラウドサービスに全面的に移行すると発表した。学内システムのフルクラウド化は国内の大学では初めてという。

 移行対象になるのは、入試管理や履修管理、eラーニング、学術リポジトリ、図書館、就職支援、財務会計、人事・給与など、学内で使用される業務システムや学生向けサービスのシステムで運用する約200台のサーバ。日本マイクロソフトが提供するWindows Azure PlatformやSharePoint Online、Microsoft Dynamics CRM Online、Live@eduに移行させる。

 既に4月から一部サービスの移行を開始しており、9月までに作業を完了する予定。これにより、国士舘大学ではホストコンピュータを廃止するなどで、約30%のICT関連コストの削減を見込む。同大学での年間のICT関連経費は約9億6000万円。

 また、クラウドサービスの特徴を生かした新たな学生向けICTサービスの提供も検討している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.