ニュース
» 2012年09月26日 19時51分 UPDATE

「紙とペンにかなり近い」無料手書きアプリ「Note Anytime」、MetaMojiから

“羽根ペン”風の独自入力スタイルなどを採用したモバイル端末向け手書きアプリをMetaMojiが無料提供。「紙とペンにかなり近い」使い勝手を実現したという。

[本宮学,ITmedia]
photo Note Anytimeの利用イメージ。会見ではWindows 8のプレビュー版とタッチパネル式ディスプレイを組み合わせてデモが行われた

 MetaMojiは9月26日、モバイル端末向け手書きノートアプリ「Note Anytime」を無料公開した。手書き入力のほか、画像やPDFファイルの読み込み、編集、書き出しなどにも対応し、プレゼン用資料の作成やメモ書きなど幅広い用途を見込む。

 タッチ操作で画面を拡大/縮小/回転しながら、手書きで文字や図形を入力できるノートアプリ。指定した部分をグループ化して移動やサイズ変更を行ったり、文字サイズや色を変更したりできる。

 作成したノートは、端末内ストレージのほか「デジタルキャビネット」というクラウドストレージに無料で2Gバイトまで保存できる。クラウド上に保存したファイルはiPadやiPhone、Android端末、Windows 8端末など、さまざまなデバイス上から閲覧、編集できる。

photo 漢字仮名交じりで手書きした文章を変換しながら入力できる

 また、同社の手書き入力システム「mazec」との連携機能も有償アドオンとして提供する。同機能を使えば、漢字仮名交じりで手書きした文章を変換しながら入力できる。

 同日からiPad版を提供し、10月末にはWindows 8版、年末にはiPhone版、来春にはAndroid版も提供する予定。日本語や英語をはじめとする13カ国語でリリースし、「メモ書きから大学ノート、議事録など、幅広く世界中の人たちに使ってもらいたい」と浮川和宣社長は意気込む。

「紙とペンの世界にかなり近づいた」

photo 浮川和宣社長

 MetaMojiは、ジャストシステム創業者の浮川和宣氏が妻の初子氏とともに2009年に設立した会社。2011年2月にはmazecを応用したiPad向け手書きアプリ「7notes」を公開し、これまで「多くの人々に支持をいただいてきた」(和宣社長)という。

 一方、手書きを基にテキストを入力していく7notesでは「斜めの線は書けないのか」などの要望を受けることもあったという。そこで今回、「文字も絵も、スマートデバイス上でできるものを作ろう」という思いでNote Anytimeを開発、リリースした。

 新アプリで特にこだわったのは、手書きで入力する文字の美しさだ。中世ヨーロッパで広く使われていた“羽根ペン”をモチーフに、独自スタイルの「カリグラフィーペン」を開発。ユーザーが手書きした筆跡はそのままに、文字のスタイルを羽根ペン風に変えられるようになっている。

photophoto 羽根ペン風「カリグラフィーペン」と通常スタイルの比較(写真=左)、カリグラフィーペンはレオナルド・ダ・ヴィンチの手記なども参考にして「0から開発」(写真=右)

 画像はベクターデータになっており、保存した文字はタッチ操作で拡大縮小や変形しても、画質が劣化することはないという。有償版の「カスタマイズカリグラフィーペン」を使えば、ペンの角度など細かいパラメータも調整できる。

photo PDFファイルを読み込んで手書きで追記を加えられる

 「手書きの文字は1つの漢字につき、もともと2バイトの文字なら500倍の1Kバイトくらいになる。全ての文字データを1つのノートにまとめ、膨大なデータ処理を行うので、かなり紙とペンの世界に近づいたのでは」と和宣社長は話す。

 端末内のPDFファイルを読み込んで手書きで追記するアノテーションにも対応する。追記したファイルはJPEGやPDFとして再保存し、メールで送信したりTwitterやFacebookに投稿できる。PDFの読み込みスピードは「900ページのPDFでも4秒で読み込めるほど」という。

コンテンツは本や音楽だけじゃない

photo オプションアイテムの例

 Note Anytimeでは、イラストレーターなどが登録した絵や手書き文字、デザインされた用紙などをクラウド上から有料ダウンロードして利用できる。購入したアイテムはユーザー自身で編集を加えたりして利用できるという。

 「コンテンツといっても本や音楽だけじゃない。(Note Anytimeでは)イラストや、線や文字をきれいに書くためのパーツなど、いろいろなコンテンツが広がると思う。ユーザーがちょっと手を加えることを許してもらえるような、そんなコンテンツのあり方を提案したい」(和宣社長)

 誰かが公開したコンテンツを使って、他のユーザーが新しいコンテンツを生み出していけば「もっともっと新しい世界、わたしたちが今まで経験したことのないような新しいコンピュータの世界が開けるんじゃないか」と和宣社長は言う。同社は今後、有償/無償でオプションアイテムを提供してくれるパートナーを増やしていきたい考えだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -