ニュース
» 2013年07月08日 16時12分 UPDATE

国産パーソナル3Dプリンタ「SCOOVO C170」登場 18万9000円

一般家庭やオフィスなどに向けた国産パーソナル3Dプリンタ「SCOOVO C170」が発表された。予定本体価格は18万9000円。

[ITmedia]

 オープンキューブは7月8日、日本製をうたうパーソナル3Dプリンタ「SCOOVO C170」を発表した。発売予定日は7月29日で、予定価格は18万9000円(本体のみ)。

photo

 最小積層ピッチ0.1ミリ、最大造形サイズ175(高さ)×150(幅)×150(奥行き)ミリと本格的な制作が可能。硬質アルミニウムを採用したスマートスライドレール(SSR)で安定した積層性能を、非加熱式ベッドで省エネと安全性を実現したという。造形素材は農産物由来のプラスチックPLA(ポリ乳酸)フィラメントに対応。環境にも優しく、溶解時の悪臭も少ないため家庭での利用に適すという。

 同社スタッフが設計し、国内工場で日本人が生産するという。ソフトウェアとマニュアルはすべて日本語で、1年間の無償サポートも付与。設計や製造も日本国内のため「購入後のアフターサポートが迅速かつ的確に行える」としている。

 本体サイズは404(高さ)×376(幅)×333(奥行き)ミリで、重さは約15キロ。対応OSはWindowsのみ(XP以降)。素材となる同社純正PLAフィラメントは1キロ当たり4000円。7月29日から同社オンラインストアで取り扱う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -