ニュース
» 2014年07月17日 07時32分 UPDATE

Google Playの人気アプリ、8割で偽アプリも存在

Trend Microによれば、Google Playの無料アプリ上位50本のうち77%に、正規アプリを不正に改ざんしたアプリが存在していた。

[鈴木聖子,ITmedia]

 正規アプリを無断で改ざんした「リパッケージアプリ」が、Google Playなどのアプリストアに氾濫しているという。Trend Microがこのほど発表した報告書で明らかにした。

 リパッケージアプリは正規のアプリに不正なコードを加えてパッケージし直し、本物に似せたインタフェースや名称でユーザーをだまして、ダウンロードさせるアプリを指す。Trend Microによれば、Google Playの無料アプリ上位50本を調べた結果、77%のアプリでリパッケージアプリが存在していることが分かった。

tm0717.gif 人気アプリの多くは偽物も存在(Trend Microより)

 ジャンルはビジネスアプリからメディア、ビデオ、ゲームまで多岐にわたり、特に「ウィジェット、メディア&ビデオ、ファイナンス」のカテゴリのアプリでは100%に達している。

 リパッケージアプリはマルウェアの温床になっているとTrend Microは指摘する。2014年4月にさまざまなソースから集めた偽アプリ89万本あまりを同社が調べた結果、ユーザーを危険にさらしかねない悪質なアプリが半数強を占めていた。

 特にサードパーティーのアプリストアで配信されているリパッケージアプリには悪質なコードを仕込んだものが多く、金銭をだまし取ったりユーザーの情報を盗んだりする目的で、正規アプリを改ざんして配信する手口が横行しているとTrend Microは警鐘を鳴らしている。

関連キーワード

Google Play | 改ざん | Android | 不正アプリ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -