ニュース
» 2014年12月19日 11時50分 UPDATE

ゲームの祭典「闘会議2015」、格ゲー大会やマリカー実況など Wii U「Splatoon」国内初出展も

来年1月末のゲームの祭典「闘会議2015」はレトロゲームやアーケードゲームから最新スマホゲームまでが集結。来場者が参加・体験できる大会やアトラクションも用意する。

[山崎春奈,ITmedia]

 ドワンゴは12月18日、ゲーム実況とゲーム大会の祭典「闘会議2015」(1月31日〜2月1日、千葉・幕張メッセ)の企画詳細を発表した。来春発売のWii U専用ソフト「Splatoon」を国内初出展するほか、最新ゲームからレトロゲーム、アナログゲームまでが集結し、実況や“神プレイ”を楽しんだり自らプレイしたりできる。

photo

 ゲーム大会は「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」、人気FPS「コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア」、「ウルトラストリートファイターIV」を使用した「TOPANGA 闘会議特別マッチ」の3つを開催。「大乱闘スマッシュブラザーズ」は2人チームでのエントリーだが、自分好みにCPUを育てられるフィギュア「amiibo」を持参し、相棒と見立てて参加することもできる。

photo 「マリオカート」実況は歴代3タイトルで

 ゲーム実況ステージでは、SFC、ニンテンドー64、Wii Uの歴代3タイトルの「マリオカート」や「マインクラフト」、ユーザーによる自作ゲームを取り上げ、「M.S.S. Project」をはじめ総勢100人以上の実況者が登壇する。来場者が自由にプレイできる「ゲーム実況ストリート」も設置する。

 任天堂公認花札大会や大人数人狼に参加できる「アナログゲームエリア」、セガの全国大会出場枠を賭けた格闘ゲームトーナメントを行う「アーケードアリア」、ゲーム年表の展示やアイロンビーズを使ったドット絵作り体験、往年の有名裏ワザにチャレンジする「裏ワザ研究会」などを設ける「レトロゲームエリア」など、世代やスキルを問わず楽しめるイベントに。「自作ゲームエリア」では、同人ゲームやフリーゲームの歴史や作品を紹介し、プロのゲームクリエイターに開発の相談もできる。

photo 来春新作「Splatoon」はデモ機とリアルゲームが登場

 来春発売予定のWii U専用ソフト「Splatoon」は、デモプレイ機を国内初出展。インクを撃って陣地を奪い合うアクションシューティングゲームの世界観を「リアルゲーム」として実際に体験できるコーナーも準備中という。


 特別協賛の任天堂をはじめ、協賛企業はガンホー・オンライン・エンターテイメント、コロプラ、サイバーエージェント、ミクシィ、LINE、スクウェア・エニックス、セガ、ソニー・コンピュータエンタテインメント、バンダイナムコゲームスの10社に決まった。

photo 協賛企業10社

 「パズル&ドラゴンズ」「モンスターストライク」「魔法使いと黒猫のウィズ」「LINE ディズニーツムツム」など人気スマホゲームや、「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」シリーズ、「ファンタシースターオンライン2」「太鼓の達人」などのタイトルが参加予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -