ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年04月18日 14時30分 UPDATE

Amazonで「第1類医薬品」の購入が可能に 「ロキソニンS」「ガスター10」「リアップ」などを取り扱い

Amazon.co.jp内のドラッグストアで、購入時に薬剤師からの情報提供が必要な「第1類医薬品」の販売が始まった。注文を確定するには、薬剤師による適正利用の確認が必須だ。

[井上翔,ITmedia]

 アマゾンジャパンは、Amazon.co.jp内のドラッグストア「Amazonファーマシー」において「第1類医薬品」の販売を開始した。注文の確定に当たっては、薬剤師による適正利用の確認が必要で、確認できない場合は注文がキャンセルされる。

第1類医薬品販売コーナー Amazonファーマシーに新設された第1類医薬品コーナー

 4月18日現在、第1類医薬品のラインアップは頭痛薬「ロキソニンS」(第一三共ヘルスケア)、胃腸薬「ガスター10」(同)、育毛剤「リアップ」(大正製薬)など76品目。

 第1類医薬品は、薬剤師からの情報提供を受けた上で購入することが必須だが、Amazonファーマシーでは以下の手順を踏むことで代替している。

  1. 第1類医薬品をカートに入れる
  2. レジに進む
  3. 「ご使用者状態チェック」で購入者の利用情報を入力する
  4. 「お薬の説明と確認」で当該医薬品の注意事項を読み、質問の有無を選択
  5. 会計手続きを行う
  6. 薬剤師による確認が完了次第発送

 取り扱う第1類医薬品は、順次拡大する予定だ。

商品ページ 商品ページには適正利用の確認後に発送する旨が明記される
ご使用者状態チェック 第1類医薬品の会計手続きの前に入る「ご使用者状態チェック」
お薬の説明と確認 状態チェックの後に表示される「お薬の説明とご確認」

関連キーワード

医薬品 | Amazon | 注文 | 医療


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.