ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「医薬品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「医薬品」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

フリマアプリ運営各社、“うがい薬”出品の対応強化 ラクマは医薬部外品も全面禁止
フリマアプリなど個人間取引サイトでうがい薬が多数出品されていることを受け、運営各社が商品削除などの対応を進めている。(2020/8/6)

メルカリ、うがい薬の出品に注意喚起 医薬部外品でも高額出品には措置の可能性も
「ポビドンヨード」成分を含むうがい薬は「医薬品」に該当するため出品を禁止しています。(2020/8/5)

メルカリ、うがい薬の高額転売に対応検討 医薬品の違法出品は削除中
医薬品うがい薬などの違法出品がフリマアプリ「メルカリ」で相次いでいることについて、メルカリは医薬品に該当する出品は商品を順次削除していると明かした。医薬部外品の出品は、著しく高額な商品は削除していくという。(2020/8/5)

新型コロナ対策に“うがい薬”が有効? → フリマアプリで「イソジン」など出品相次ぐ 違法出品や無関係な商品に注意
「第三類医薬品」の無許可販売は違法です。(2020/8/4)

うがい薬がコロナ重症化を予防? 大阪府発表を受けメルカリ高額出品が相次ぐ 医薬品の出品は違法
大阪府などが「ポピドンヨードという抗微生物成分を配合したうがい薬が、新型コロナウイルス感染症の重症化を防ぐ」という研究結果を発表。直後からメルカリでは、医薬品に分類されるうがい薬「イソジン」などの違法出品が相次いだ。(2020/8/4)

ワクチン6000万人分供与で基本合意 政府、米ファイザーと
加藤勝信厚生労働相は31日、米製薬大手ファイザーが開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、来年6月末までに6000万人分の供給を受けることで同社と基本合意したと明らかにした。(2020/7/31)

医療ITニュースフラッシュ
調剤薬局が「オンライン服薬指導」に踏み切れない“想定外”の理由とは
新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、要件が緩和されたオンライン診療やオンライン服薬指導。実際にはどの程度広がっているのか。関連する新たな製品・サービスは。医療ITの注目ニュースをお届けする。(2020/7/31)

ソフトバンク、オンライン健康医療相談サービス「HELPO」を提供
ソフトバンクのグループ会社であるヘルスケアテクノロジーズは、7月29日にオンライン健康医療相談サービス「HELPO」を提供開始。アプリなどを通してオンライン健康医療相談や病院検索、一般用医薬品などの購入がワンストップで行える。(2020/7/29)

チャットで医師に健康相談 市販薬・病院選びに対応 ソフトバンク傘下の医療ベンチャーが開始
ソフトバンク傘下のヘルスケアテクノロジーズが、オンライン健康相談サービス「HELPO」の提供をスタート。医療機関の検索や、市販薬が購入できる機能を搭載している。病院や薬選びで迷った際、すぐにアドバイスを受けられるという。(2020/7/29)

3粒提供:
すき家が「スタミナ祭り」で小林製薬とタッグ トリプルニンニクMIXとブレスケア
すき家が8月5日から「スタミナ祭り」を開催。「牛丼 トリプルニンニク MIX」(税込580円)などを提供する。ニンニクのにおいが気になるお客のために小林製薬のブレスケアを提供する。(2020/7/29)

協働ロボット:
1.5トンまで自動搬送が可能、自動車シャシーも自律搬送できるAGV
オムロンは2020年7月22日、1.5トンまで自動搬送できる「モバイルロボットHD-1500」を同日から世界一斉発売したと発表した。自動車業界向けや三品(食品、医薬品、化粧品)業界向けを想定しているという。(2020/7/27)

製造IT導入事例:
中外製薬がデジタル創薬でAWS採用、社外との研究連携基盤構築コストが10分の1に
アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWSジャパン)と中外製薬は、同社の全社データ利活用基盤「CSI」がAWSのクラウド基盤を採用したと発表。中外製薬は2020年末までに、革新的新薬の創出を目指す社外研究者との100件の研究プロジェクトの運用に向けてCSI上に研究開発環境を整備する計画である。(2020/7/17)

中外製薬、データ基盤にAWS採用 ゲノム情報など保管・分析 新薬開発の効率化目指す
中外製薬が、AWSを活用して社内のデータ基盤を構築。データを生かした新薬の開発などを進める。新薬開発の効率化や、コスト削減効果などを見込む。(2020/7/16)

オンラインで診療と服薬指導、ドローンで薬を配送:
診療や服薬に関する指導や配送時の感染リスクを低減 経済産業省北海道経済産業局が非対面医療の実証実験
経済産業省北海道経済産業局は、非対面医療の実証実験を実施する。オンライン診療後に、オンラインで服薬指導を行い、処方箋医薬品をドローンで配送する。(2020/7/15)

国内工場で生産:
資生堂が手荒れに配慮した手指消毒液を販売 医療機関に供給していたものを一般向けに
資生堂が手指消毒液(指定医薬部外品)を一般販売する。同社の技術力を背景とした「手荒れに配慮した処方」が特徴。4月から医療機関に提供していた。(2020/7/13)

医師、看護師の6割超「現状の電子カルテシステムに課題感」 医療システムへのニーズ調査
医薬品情報データベースの開発・研究および販売を手掛けるデータインデックスは、国内の医師および看護師1654人を対象に「医療システムへのニーズ調査」を実施した。その結果、現状の電子カルテシステムに対するさまざまな課題が判明した。(2020/7/10)

近視を治療するスマートメガネ、窪田製薬が開発を加速 光で刺激を与え焦点を調整
目標はメガネのいらない世界。(2020/6/25)

サプライチェーン管理を変えるデータ活用【前編】
医薬用品メーカーは「注文の6割が電話、メール、FAX」の惨状をどう脱却したか
医療用品メーカーPaul Hartmannは注文と納品にかかる手間とコストの削減に課題を感じていた。ビジネスプロセスの効率化と需給の予測精度を向上させるために、同社が必要としたものは何か。(2020/6/24)

専門家のイロメガネ:
1億6000万円の新薬「ゾルゲンスマ」に異例の苦言がついた理由
ノバルティス・ファーマが開発したゾルゲンスマという薬が承認された。薬の価格は国内最高の1億6000万円。たいへん高い薬だと、メディアでも話題になったが、5月には保険の適用が決まっている。しかし、この価格が妥当かどうかについては疑問も出ている。加えて、ゾルゲンスマの審査報告書では製薬会社に対して異例ともいえる「苦言」が書かれている。(2020/6/18)

蓄電・発電機器:
燃料電池車「MIRAI」のパーツを活用した水素発電システム、トヨタらが実証運用
「MIRAI(ミライ)」のシステムを活用した燃料電池システムの実証がスタート。化学薬品の製造時に発生する副生水素を活用し、工場の省エネに活用する。(2020/6/16)

痛みを抑える鎮痛剤が、激しい頭痛を引き起こす――「薬物乱用頭痛」に陥った体験談漫画に身が凍る
薬も過ぎれば毒となる……医薬品は用法用量を守って正しくお使いください。(2020/6/15)

FAニュース:
食品や医薬品、化粧品、衣料品などの不定形物も検出できるビジョンシステム
ヤマハ発動機は、従来機種より最大45%、サーチ時間を短縮できるビジョンシステム「RCXiVY2+」を発表した。不定形物が検出可能で、食品や医薬品、化粧品、衣料品などの検出およびピッキングなどができる。(2020/6/10)

「真の自律型企業」の姿とは【前編】
医薬品企業が次世代RPA「IPA」を導入 その理由と効果とは?
ドイツの化学・医薬品企業Merckの医薬営業部門は、ビジネスプロセスの自動化を実現するために「インテリジェントプロセスオートメーション」(IPA)を導入した。IPAがもたらす価値は何か。(2020/6/10)

ネコちゃんに上手に目薬をさせますか? 嫌がられずに目薬をさす方法
ネコちゃんに目薬をさすコツは?(2020/6/7)

共和薬品とFRONTEO、“AIで認知症診断”実現へ提携強化 医師・患者の会話から重症度など判定 23年度の薬事承認目指す
共和薬品工業とFRONTEOが、AIを活用した認知症診断システムの実用化に向けて提携を強化。2023年度中の薬事承認を目指し、2020年度中に特許を取得する計画。将来は、診断で蓄積するビッグデータを使った健康管理アプリの開発も目指す。(2020/6/3)

ヤフーの検索・地図サービス、スーパーや薬局周辺の混雑状況を確認可能に 計2万8000店に対応
ヤフーが「Yahoo! MAP」「Yahoo!検索」などのサービスに、スーパーマーケットや薬局周辺の混雑状況を確認できる機能を追加した。店舗名で検索すると、当日と過去6〜7日間の混雑状況を1時間単位で分析。「混雑」「通常」「緩和」の3段階で表示する。(2020/6/2)

PayPay、オンライン診療の支払いに対応 画面越しにQRコードを提示して決済
PayPayが医療機関や薬局での支払いに対応した。オンラインでの診療や服薬指導の際に、ビデオ会議の画面越しに提示したQRコードを患者側が読み取ることで診察料や処方箋料を支払える。(2020/6/2)

東芝と信大、“がんにだけ届く”遺伝子治療薬 マウスで効果確認
東芝と信州大学は、がん細胞にだけ取り込まれる遺伝子治療薬の効果をマウスの実験で確認したと発表した。実用化に向けて研究を進める考え。(2020/5/29)

医薬品のドローン配送に期待感 コロナ禍で広がる可能性
新型コロナウイルスの感染拡大でオンライン診療が規制緩和され、一時的に自宅配送ができるようになったことで、ドローンを使った医薬品配送に向けた動きが出ている。高齢化の進む町や離島では活用が進む一方、都市部ではまだ複数のハードルが残ったままだ。(2020/5/28)

FAニュース:
火花や化学薬品から産業用ロボットを守るロボット用保護カバー、過酷作業で活用
キャプテンインダストリーズは、産業用ロボットを過酷な動作環境から保護するロボット用保護カバー「ロボスーツ」の国内販売を開始した。飛び散る火花や塗料、化学薬品など多種多様な飛散物に長時間耐え、産業用ロボットを保護する。(2020/5/27)

製品動向:
薬品製造などクリーンルームを防護する避圧調整ユニットを大成建設が開発
大成建設は、医薬品をはじめ、食品、半導体などを製造するクリーンルームを対象に、室内の清浄度を確保し、急激な圧力変動に伴う部材破損を防護する避圧調整ユニットを実用化させた。(2020/5/26)

データ管理:
PR:1万種類もの化合物を合成する新薬開発、データ管理が開発効率化の決め手に
医薬品事業に進出して30年以上が経過した日本たばこ産業(JT)。オリジナルの抗HIV薬などの開発で世界的にも高い医薬品開発力を示した同社だが、そうした“創薬力”を担うのが同社の医薬総合研究所である。中でも薬物動態研究所では、より効率的で低コストな医薬品開発を実現すべく、膨大な実験データの活用を促進するシステムを構築している。(2020/5/11)

専門家のイロメガネ:
新型コロナ薬のレムデシビルは、なぜ米中で治験の結果が正反対だったのか?
新型コロナウイルス治療薬の登場が期待される中、5月7日に抗ウイルス薬のレムデシビルが日本で「特例承認」された。しかし米中でレムデシビルの治験が行われたが、結果が効く、効かないで正反対だったと報じられている。レムデシビルは新型コロナに効くのか、なぜ米中の治験で異なる結果が出たのか。(2020/5/19)

製品動向:
医薬品倉庫の温熱環境を改善するファンユニット、1000m2の倉庫で導入コスト半減
大成建設とクリフは、自動搬送装置を利用して自由に移動し、自動ラック倉庫内のどこにでも設置可能な新型ファンユニット「T-Rack Fan」を開発した。(2020/5/13)

知財ニュース:
富士通、新型コロナの新薬開発支援などに関わる知財4万件を無償開放
富士通は新型コロナウイルス感染症の対策として、同社の保有する知的財産権の一部を無償開放すると発表した。同社が保有する新薬開発の支援や患者の見守りに関わる知財約4万件が対象。(2020/5/13)

富士通、新薬開発の特許技術など4万件を無償開放 新型コロナ対策で
富士通は、新型コロナウイルス感染症対策として、同社が持つ特許権や実用新案権などを無償で開放すると発表した。同感染症の診断や予防に関する研究開発を促す。(2020/5/12)

医療技術ニュース:
新型コロナへの感染抑制能を持つVHH抗体の取得に成功、北里大と花王
北里大学は2020年5月7日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対して感染抑制能を有するVHH抗体の取得に成功したと発表した。この研究成果は、新型コロナウイルス感染症の治療薬や診断薬の開発につながることが期待されている。この取り組みは、北里大学 大村智記念研究所 ウイルス感染制御学I研究室 教授の片山和彦氏ら、Epsilon Molecular Engineering(以下、EME)、花王 安全性科学研究所の研究グループの共同研究によるものだ。(2020/5/11)

個人情報や知的財産、COVID-19の研究に関する機密データ狙いか:
医療機関や学術機関を狙うサイバー攻撃が多発、米英が警戒呼びかけ
新型コロナウイルス流行への対応に当たる医療機関や医薬品会社、学術機関などがしつこいAPT攻撃の標的にされている。(2020/5/8)

医療技術ニュース:
歯周病菌の5型線毛の構造と形成される仕組みを解明
大阪大学らは、歯周病の主要病原細菌であるジンジバリス菌の5型線毛の立体構造と、線毛が形成される仕組みを明らかした。ジンジバリス菌が関係する疾患に対する新薬開発への応用が期待される。(2020/5/8)

抜擢と熟成、外部登用……武田薬品の人事戦略はグローバルのイロハ
若手から経営陣一歩手前まできめ細かいプログラムを用意。混沌とした、不確実な時代を生き抜くリーダーを育てていくことが、会社の成長に直結する。(2020/4/30)

工場ニュース:
新型コロナ対策に効果が期待の「アビガン」、原料の供給強化も進む
新型コロナウイルス感染症が広がる中、治療薬として期待されている富士フイルムグループの抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」(一般名ファビピラビル、以下アビガン)の原薬供給の強化も進んでいる。2020年4月2日には、デンカが原料となるマロン酸ジエチルの生産を再開することを発表した他、同年4月16日にはカネカが原薬供給を行うことを発表している。(2020/4/23)

Uber、新型コロナ対策で食品以外も運ぶバイク便的サービス「Direct」と「Connect」開始
Uberが、新型コロナ対策の一環として、食品以外の市販薬や郵便小包などを小売店から一般ユーザー宅に配送する「Uber Direct」と家族や友人同士の物資配送を請け負う「Uber Connect」を一部地域で開始した。(2020/4/21)

Microsoft、AIで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策を支援 21億円規模
Microsoftは「AI for Health」でCOVID-19対策に取り組む。データと知見、治療薬と診断法、リソース配分、正確な情報の発信、科学的研究の5つの分野で2000万ドルを投資して研究者を支援する。(2020/4/15)

体温計の需要高まりメーカーは奔走 赤外線サーモグラフィーも人気に
新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中、体温計の需給が急激に高まっている。薬局や家電量販店では品不足が続き、国内メーカーは生産量を増やすなど対応に追われている。企業の間では赤外線サーモグラフィーカメラを導入する動きもある。(2020/4/13)

工場ニュース:
バイオ医薬品の生産能力拡大に向け、イギリス拠点に約90億円を投資
富士フイルムは、バイオ医薬品CDMOの中核会社であるFUJIFILM Diosynth Biotechnologiesのイギリス拠点に約90億円を投資し、製造設備を増強する。新規製造ラインなどを導入し、バイオ医薬品の生産能力を拡大する。(2020/4/9)

緊急事態宣言で始まる「忍耐の1カ月」 スーパーや薬局は営業 パチンコ、ネットカフェは……
緊急事態宣言で生活はどうなるのか。海外のようなロックダウン(都市封鎖)は行わず、JRや私鉄、空港、高速道路など交通インフラは運行を続けるが、首都圏の鉄道では減便も検討されている。(2020/4/8)

抗インフルエンザ薬「アビガン」〜開発への2つのポイント
もともとは新型インフルエンザの治療薬として開発されていた。(2020/4/6)

新型コロナ、5分で陽性判定の感染検査キット、FDAが緊急使用許可
米医療企業Abbottの新型コロナ感染検査キットが米食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可を取得した。陽性判定は5分でできるとしている。キットを使う検査機器「ID NOW」は、既に全米の医療機関が広く採用している。(2020/3/30)

ゲーム開発社の“続けて遊びたくなる”ノウハウ、活用進む 精密機器、製薬会社などと異業種協業
 ゲーム各社が培った「続けて遊びたくなる」ノウハウを、他産業が取り入れる動きが活発化している。「人も楽しませる」というゲーム独自の視点が、技術の実用化や高齢化などの社会課題の解決に新たな示唆を与えると期待されているからだ。ゲームのノウハウを他の産業に応用することは「ゲーミフィケーション」と呼ばれ、医療や介護の現場でも注目されている。(2020/3/16)

医療機器ニュース:
針刺し跡が白化し、改ざん防止や完全性を証明する検知フィルム
共同印刷は、包装の完全性や使用状態を分かりやすく示す「針刺し検知フィルム」を開発した。力が加わった部分だけが白化するため、医薬品などの内容物に影響を与えることなく、改ざん防止や完全性の証明、使用履歴の確認ができる。(2020/3/10)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。