ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「医薬品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「医薬品」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

医療機器ニュース:
ワクチンや血液を効率的に輸送できる、医薬品向け定温輸送容器セット発売
シャープは、スギヤマゲンと共同開発した、医薬品向け「定温輸送容器セット」を発売した。ワクチンや細胞、血液などを適切な温度で管理できるセットで、スギヤマゲンが販売する。(2021/1/21)

清水建設、クリーンルームの3D設計支援ツール「GMP Visualizer」開発
清水建設は、医薬品GMPの適合チェックを自動化し、クリーンルームの配置計画を効率的に立案できる3Dモデリングツール「GMP Visualizer」を開発した。従来と同程度の作業時間で複数案を作成でき、計画案の修正も簡易にできる。(2021/1/15)

新型コロナ ワクチンは救世主となるか【前編】:
新型コロナのワクチンは「ワープスピード作戦」によって成功 どの製薬会社もプロセスをしっかり踏んだ
新型コロナウイルスによる感染拡大を食い止めるための切り札として、米国企業で製造されたワクチンの接種が2月下旬にも日本で始まる見通しだ。接種をめぐっては一部で副反応を心配する声もあります。今後の見通しについてワクチン学が専門の東京大学医科学研究所の石井健教授にインタビューしました。(2021/1/8)

ワクチン開発企業へサイバー攻撃激化! 特許取得による収益狙いか 中国から日本に「闇ワクチン」持ち込みも
新型コロナウイルスのワクチンに期待が寄せられる中、製薬会社などワクチン開発企業へのサイバー攻撃が相次いでいる。専門家はワクチンの情報を盗んで収益を上げるのが狙いではないかとの見解を示した。(2021/1/8)

協働ロボット:
50N対応の協働ロボット用電動3爪ハンド、500gのペットボトルもつかんで持てる
ASPINA(シナノケンシ)は2021年1月7日、把持力を既存モデルの約10倍に強めた50Nモデルの電動3爪ロボットハンド「ARH350A」を発表した。金属加工や精密部品組立、食品・化粧品・医薬品や物流分野などで、協働ロボットとの組み合わせでの提案を進める。(2021/1/8)

ワクチンどうなる、治療薬は? コロナとの闘い続く
昨年1月に初めて国内で感染者が確認された新型コロナウイルスは、1年間にわたって猛威をふるい、3度の感染の波を作りながら多くの命を奪ってきた。ただ、ウイルスと闘うための武器もそろい始めてきている。(2021/1/2)

トレンドに突如表れた「クソデカ林製薬」にTwitter民困惑 「深夜に何があったのが誰か教えてくれ」
クソデカ林製薬のクソデカ糸ようじお得な30億本セット。(2020/12/29)

クボタメガネ:
「近視を治療するメガネ」のプロトタイプを開発 網膜に光を当てて抑制、窪田製薬HD
窪田製薬ホールディングスは12月17日、近視の治療・抑制を目指す技術を用いた「クボタメガネ」の商業化を目指すプロトタイプが完成したと発表した。(2020/12/18)

近視を治すメガネ、プロトタイプが完成 網膜に特殊な光を当てて刺激
窪田製薬ホールディングスは、子会社の米クボタビジョンが近視を抑制、治療する眼鏡型デバイス「クボタメガネ」のプロトタイプを完成させたと発表した。(2020/12/17)

Google系列のDeepMind、AIシステム「AlphaFold」で「タンパク質折りたたみ問題」で大飛躍 新薬開発への重要な一歩
Alphabet傘下のDeepMindのAIシステム「AlphaFold」が、世界的なタンパク質構造予測コンペ「CASP」で飛躍的なハイスコアを出した。「解明には宇宙の年齢よりも長い時間がかかる」とされる「タンパク質折りたたみ(フォールディング)問題」の解明への大きな一歩だ。(2020/12/1)

IIoTの課題解決ワンツースリー(6):
医薬品業界の新たな課題「製造のデータインテグリティ」をどう解決するか
産業用IoT(IIoT)の活用が広がりを見せているが、日本の産業界ではそれほどうまく生かしきれていない企業も多い。IIoT活用を上手に行うためには何が課題となり、どういうことが必要になるのか。本稿ではIIoT活用の課題と成果を出すポイントを紹介する。第6回では、医薬品業界で注目される「データインテグリティ」について解説する。(2020/12/2)

医療技術ニュース:
新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目的とした新会社を設立
ペプチドリーム、富士通、みずほキャピタル、竹中工務店、キシダ化学の5社は、新型コロナウイルス感染症治療薬を最短で開発するため、共同出資会社「ペプチエイド」を設立した。(2020/11/24)

「既存の治療薬よりも効果がある化合物が見つかった」:
化合物スクリーニングで期待された効果を示す化合物を特定するAIモデル 京都大学が開発
京都大学のiPS細胞研究所は、AIを活用した創薬に向けて熱拡散方程式を応用した新たなアルゴリズムを開発した。ALS患者のiPS細胞を使って化合物の学習やスクリーニングを実施したところ、既存薬よりも高い効果を示す化合物を同定できた。(2020/11/16)

ドラッグストアで売ってるあれやこれやがミニチュアに 「わたしの街のぷち薬局」12月発売
薬局で販売されているバラエティ豊かなアイテムがちっちゃなサイズに。12月14日発売。(2020/11/15)

新型コロナで航空貨物業界に好機 スペース不足、専用機の大型化も
 新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けている航空業界では、貨物輸送にスポットライトがあたっている。旅客便需要が冷え込んだままなのに対して、経済活動を支える貨物便は荷物を満載。行き場をなくす荷物も出始めるほどだ。関西国際空港では大型の貨物専用機も登場。さらに今後はワクチンなど医薬品の輸送増も見込まれており、航空貨物ビジネスの好機をうまく捉えられるかが、関空の浮上のためのカギにもなりそうだ。  (牛島要平)(2020/11/13)

コロナ治療薬開発へ新会社 東大発企業や富士通 スパコン、AI活用
東京大発の医薬品ベンチャー、ペプチドリームが、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を手がける新会社「ぺプチエイド」を設立した。スーパーコンピュータやAIを活用し、治療薬開発に必要な試験を同時並行で進め、開発期間の短縮を図る。(2020/11/13)

富士通らが「デジタルアニーラ」でCOVID-19治療薬の開発へ
治療薬開発の領域もITの進展が貢献する。富士通はペプチドリームなどと共同で、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目指す新会社を設立した。最短で2021年秋の臨床試験を目指す。(2020/11/12)

一部地域販売で好評:
資生堂、医療機関向けの手指消毒液を一般販売 手に優しい保湿成分を配合
資生堂が手指消毒液(指定医薬部外品)の全国販売を12月中旬から開始する。同商品は4月から医療機関向けに提供していた。(2020/11/12)

医療技術ニュース:
人工植物ホルモンによる動物細胞の高感受性タンパク質分解系を確立
名古屋大学は、タンパク質の機能解析に重要となる、人工オーキシンを用いた高感受性タンパク質分解系を確立した。従来の手法より1000倍高い感受性を示し、低毒性の分解系として、タンパク質の機能解析や創薬での利用が期待できる。(2020/11/12)

発症防ぐ有効性90%超:
米ファイザーのコロナワクチン、いつ日本に? 6000万人分は確保
米製薬大手ファイザーが9日、開発中の新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、発症を防ぐ有効性が90%以上に上ったとする暫定的な臨床試験の結果を公表した。 (2020/11/11)

日経平均、2万5000円超えで始まる ワクチン開発好感
11月10日の日経平均株価は大幅に上昇して始まった。前日比247円高の2万5087円で取り引きが始まり、29年ぶりの高値を再び更新した。米製薬大手ファイザーが、開発中の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験結果を発表し、「90%を超える予防効果がある」としたことを好感した。(2020/11/10)

NY株1600ドル超高 史上初3万ドル迫る ワクチン開発期待で買い加速
 【ワシントン=塩原永久】週明け9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は急騰し、前週末終値と比べた上げ幅が一時1600ドルを上回った。ダウ平均は2万9900ドルを超え、取引時間中の過去最高値を更新。史上初の3万ドル到達に迫った。米製薬大手による新型コロナウイルスのワクチン開発で良好な治験結果が伝えられ、景気改善への期待から買いが大きく広がった。(2020/11/10)

インパクト強め体験談で効能うたうネット広告の舞台裏露呈
健康食品に病気への効能があるかのように宣伝したとして、大阪府警が東京の販売会社などを医薬品医療機器法違反容疑で摘発した。広告主と広告代理店が両方摘発されたことから、行政指導の実効性がこれまでよりも高まるとする見方もある。(2020/10/27)

「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
保険証を見せる大切さがよくわかります。(2020/10/23)

日本マイクロソフトがFRONTEOと協業 “認知症診断AI”の基盤にAzure提供
日本マイクロソフトがFRONTEOと医療向けITの分野で協業。医療機関の負担増を防ぐソリューションなどを共同開発する。FRONTEOが共和薬品工業と組んで進めている、AIを活用した認知症の診断支援システムの開発にも協力する。(2020/10/21)

違いがあるかないか:
バイトにボーナス? 同一同賃がやってくる
非正規労働者は4割を超える割合を占めている日本。大阪医薬大のアルバイトが、正職員だけボーナスをもらうのは差別であるという訴えを起こした裁判で、最高裁が正規職員だけにボーナスを出すことを合理性があると認めました。(2020/10/18)

製品動向:
紫外線LEDで食品工場や店舗に侵入した飛来虫を捕獲、竹中工務店
竹中工務店は、虫の混入事故を防ぐため、食品や医薬品の製造工場向けに、紫外線LEDを採用した吸引捕虫機を実用化した。今後は、オフィスビルや店舗などにも、新たな建築ソリューションの一つとして、提案していくとしている。(2020/10/16)

オンライン服薬指導の情報確認、ブロックチェーンで円滑化 サイバーエージェントと富士通などが実証実験
サイバーエージェントと富士通などは、オンラインで服薬指導した医薬品を配送するためのプラットフォーム構築に向けた実証実験を開始したと発表した。21年度中の実用化を目指す。(2020/10/15)

「かぜの時はお家で休もう」風邪薬の広告に共感の嵐 製薬会社「つらい時に休めるやさしい社会になるよう願っています」
大切にしたい「当たり前」の感覚。(2020/10/6)

QUOカードPayが「スギ薬局」「ユニクロ」などで利用可能に
クオカードのスマートフォン向けデジタルギフト「QUOカードPay」が、10月5日から全国の「スギ薬局」「ジャパン」、10月9日から「ユニクロ」「ジーユー」で利用可能となる。(2020/10/5)

医療技術 インタビュー:
パンデミック時代における創薬現場の課題にデジタル技術がどう貢献するのか
先進技術を活用し、創薬の負担を低減するために、さまざまな最先端の技術活用や産業連携などを進めているのが、米国スタンフォード大学 医学部 麻酔科 創薬・創医療機器開発機構所長を務める西村俊彦氏である。同氏に創薬の現場における課題と、医療分野におけるデジタル技術の活用、日本と海外での違いなどについてオンラインインタビューで話を聞いた。(2020/9/29)

社内システム使えず「テレワークできない」→4000人がVPN同時接続 シオノギ製薬グループの“激動の5日間”
コロナ禍の前までは、テレワークを限られた部署で実施していたシオノギ製薬グループ。4月から急きょテレワークを始め、約4000人の社員がVPNに同時接続できるようにした。その裏側で何があったのか。(2020/9/23)

医療技術ニュース:
生体材料と骨粗しょう症治療薬の併用で骨欠損を修復する技術を開発
東北大学は、生体材料と骨粗しょう症治療薬の併用により、大きな骨欠損を修復する技術を開発した。治療薬を生体材料埋入時に添加するのみのため、患者への負担が低く簡便な方法だ。(2020/9/16)

新薬開発の書類をAIで 7割時短 NTTデータが来春提供へ
新薬開発に必要な書類作成にAIを導入して効率化しようと、NTTデータは中外製薬と共同で実施した実証実験の結果を公表した。あらかじめ過去の書類データを読み込ませたAIを使い、実験したところ、最大で7割の時間短縮につながったという。(2020/9/9)

ネット通販売上が130%増:
老舗の製薬会社が頼った、月10万円で雇える“オンライン副業人材”
長野県木曽地方で、江戸時代から受け継がれてきた「百草」を胃腸薬として製造・販売する日野製薬。2020年3月からネット通販(EC)の売り上げを伸ばすため、“オンライン副業人材”を採用している。その成果は。(2020/9/3)

日立、再生医療等製品のトレーサビリティプラットフォームを開発 2021年に実用化へ
日立製作所は、「再生医療等製品」のバリューチェーンのトレース情報を統合管理するプラットフォームを発表。医薬品卸のアルフレッサなどと共同開発した。2021年から実運用を開始し、再生医療等製品に関する共通サービス基盤を目指す。(2020/9/1)

サプライチェーン改革:
35兆円に成長する再生医療市場に向け、日立が「国内初」の統合管理基盤を構築
日立製作所は、医薬品卸のアルフレッサや製薬企業、医療機関との協創を通じて、細胞治療や遺伝子治療、再生医療に用いられる「再生医療等製品」に関する細胞の採取から生産、輸送、投与までのバリューチェーン全体の細胞・トレース情報を統合管理するプラットフォームを構築したと発表した。(2020/9/1)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で製薬業界に訪れた転換点 ヘルステック企業が実現を目指す「バーチャル治験」とは?
新型コロナウイルスの影響によって、医療や医薬品業界のビジネスモデルが大きく変わろうとしている。病院などに足を運ばなくても受けられる「バーチャル治験」の実現に向けて期待が高まった。(2020/8/31)

大衆薬売却 武田薬品、「脱・日本」に社内反発も
 武田薬品工業が、一般用医薬品(大衆薬)事業を米投資ファンド、ブラックストーン・グループに売却する。武田は売却を機に収益性の高い医療用医薬品に特化し、競争が激化するグローバル市場で生き残りたい考えだ。もっとも、日本の消費者との貴重な接点である大衆薬を手放せば、「脱・日本化」が進むのは必至で、日本人社員やOBからの反発も予想される。(2020/8/25)

武田薬品が希望退職募集 「フューチャー・キャリア・プログラム」の対象は異例の“30歳以上”
武田薬品工業は希望退職を募集すると発表した。30歳以上で国内のビジネスを担当する勤続年数3年以上の社員が対象。募集人数は非公表としている。(2020/8/18)

医療技術ニュース:
AGA治療薬が先天性乏毛症、縮毛症に有効であることが判明
名古屋大学と藤田医科大学は、AGAの治療薬であるミノキシジルが、LIPH遺伝子変異による先天性乏毛症、縮毛症に対して有効であることを証明した。(2020/8/11)

フリマアプリ運営各社、“うがい薬”出品の対応強化 ラクマは医薬部外品も全面禁止
フリマアプリなど個人間取引サイトでうがい薬が多数出品されていることを受け、運営各社が商品削除などの対応を進めている。(2020/8/6)

メルカリ、うがい薬の出品に注意喚起 医薬部外品でも高額出品には措置の可能性も
「ポビドンヨード」成分を含むうがい薬は「医薬品」に該当するため出品を禁止しています。(2020/8/5)

メルカリ、うがい薬の高額転売に対応検討 医薬品の違法出品は削除中
医薬品うがい薬などの違法出品がフリマアプリ「メルカリ」で相次いでいることについて、メルカリは医薬品に該当する出品は商品を順次削除していると明かした。医薬部外品の出品は、著しく高額な商品は削除していくという。(2020/8/5)

新型コロナ対策に“うがい薬”が有効? → フリマアプリで「イソジン」など出品相次ぐ 違法出品や無関係な商品に注意
「第三類医薬品」の無許可販売は違法です。(2020/8/4)

うがい薬がコロナ重症化を予防? 大阪府発表を受けメルカリ高額出品が相次ぐ 医薬品の出品は違法
大阪府などが「ポビドンヨードという抗微生物成分を配合したうがい薬が、新型コロナウイルス感染症の重症化を防ぐ」という研究結果を発表。直後からメルカリでは、医薬品に分類されるうがい薬「イソジン」などの違法出品が相次いだ。(2020/8/4)

ワクチン6000万人分供与で基本合意 政府、米ファイザーと
加藤勝信厚生労働相は31日、米製薬大手ファイザーが開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、来年6月末までに6000万人分の供給を受けることで同社と基本合意したと明らかにした。(2020/7/31)

医療ITニュースフラッシュ
調剤薬局が「オンライン服薬指導」に踏み切れない“想定外”の理由とは
新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、要件が緩和されたオンライン診療やオンライン服薬指導。実際にはどの程度広がっているのか。関連する新たな製品・サービスは。医療ITの注目ニュースをお届けする。(2020/7/31)

ソフトバンク、オンライン健康医療相談サービス「HELPO」を提供
ソフトバンクのグループ会社であるヘルスケアテクノロジーズは、7月29日にオンライン健康医療相談サービス「HELPO」を提供開始。アプリなどを通してオンライン健康医療相談や病院検索、一般用医薬品などの購入がワンストップで行える。(2020/7/29)

チャットで医師に健康相談 市販薬・病院選びに対応 ソフトバンク傘下の医療ベンチャーが開始
ソフトバンク傘下のヘルスケアテクノロジーズが、オンライン健康相談サービス「HELPO」の提供をスタート。医療機関の検索や、市販薬が購入できる機能を搭載している。病院や薬選びで迷った際、すぐにアドバイスを受けられるという。(2020/7/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。