ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「注文」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「注文」に関する情報が集まったページです。

Amazon、1月2日から「初売りセール」開催 注文前に中身を確認できる「見える福袋」も登場
液晶テレビやPS4、Echo Plusなどが入った福袋も。(2019/1/1)

マネックス証券がダークプール活用 SOR注文で有利な価格に
マネックス証券がダークプールを使うSOR注文サービスを開始した。複数の取引所の中から最も有利な条件で注文を出す。東証で取引した場合よりも有利になった場合、改善効果を約定画面で確認できる。ネット証券を中心にダークプールの利用が進みつつある。(2019/6/18)

アマゾン、スーパー「ライフ」から生鮮食品を配送 Prime Nowの品ぞろえ強化
即時配送サービス「Amazon Prime Now」で、スーパーマーケット「ライフ」の生鮮食品や総菜を注文できるように。年内に都内の一部地域で始まる予定。(2019/5/30)

Google、検索結果に“出前ボタン”、アシスタントからの注文も まずは米国で
Googleが米国で、複数の出前サービスと提携し、検索結果やGoogleマップ、Googleアシスタントから直接出前を頼めるようにした。(2019/5/24)

ZOZO、実店舗でも「ツケ払い」 電話番号の登録だけで決済
「ZOZOTOWN」が導入している「ツケ払い」と同様のサービスを、実店舗でも使える「ツケ払い powered by Coiney」が登場。導入店舗では、客が商品を注文してから最大2カ月後に支払いできる。(2019/5/22)

ハイテク光線銃「X-TAG」、商品化中止 予約注文が目標数の1万件に届かず
残念……。(2019/5/15)

Amazon、人間の5倍速で梱包するロボットを配送センターに導入中──Reuters報道
Amazonが人間の4〜5倍の速さで注文品を梱包する機械を配送センターに導入中だとReutersが報じた。Amazonは、これは人員削減のためではなく、人間にはさらに高度な仕事に従事してもらうためだと説明した。(2019/5/14)

「50冊のところ5000冊発注」 信玄餅の金精軒、注文請書の発注数間違えたせいで令和時代も「昭和」の伝票使う
むしろ訂正箇所が減った、という声も。(2019/5/4)

好きな部位を選んで注文:
焼き肉のように牛カツを注文 「京都勝牛」の新メニューを食べてきた
牛カツチェーン「京都勝牛」が新メニューを発表した。焼き肉やステーキのように好きな部位を選んで注文できる。実際に食べてきた。(2019/4/23)

LINEで事前注文、テイクアウトできる「LINEポケオ」開始 「ガスト」など導入
「LINE」上で、飲食店のテイクアウト可能な商品を来店前に注文できるサービス「LINEポケオ」がスタート。(2019/4/18)

食材宅配の電話注文にAIオペレーターが24時間対応――オイシックスとNTT Com、実証実験を開始
有機野菜などの食材宅配サービスを展開するオイシックス・ラ・大地は、NTTコミュニケーションズと共同で、「AI応対コンタクトセンター」を活用した電話注文受付の実証実験を開始。電話受付から事務処理までのプロセス全体を自動化し、AI応対への顧客満足度などを分析する。(2019/4/16)

マクドナルドが「未来型店舗体験」を静岡県で開始 アプリでの事前注文「モバイルオーダー」など新サービスを導入
よりファストに、より快適に。(2019/4/9)

マクドナルド「レジに並ばず買える」実験 静岡でもスタート アプリで事前注文
アプリから商品を事前注文できるサービスを日本マクドナルドが静岡県で始める。(2019/4/9)

「メガドライブミニ」発売前から品薄、転売でAmazonマケプレ価格高騰 ビックカメラは「転売目的なら注文キャンセル」
「メガドライブミニ」が発売前から品薄に。Amazon.co.jpでは3日午前に予約受け付けがスタートしたが、5日朝までに全モデルが完売。マケプレ品が高騰している。(2019/4/5)

水曜インタビュー劇場(月1万円公演):
100万円で開発した「現金NGのカフェ」が、数年後に増えそうなワケ
秋葉原駅から徒歩5分ほどのところに、キャッシュレスのカフェが登場した。システム開発を手掛けるクラスメソッドが運営しているわけだが、一体どんな店なのか。店内に入って、注文したところ……。(2019/4/3)

“特需”に期待 「令和元年」カレンダー、訂正印注文殺到
カレンダーなど元号に関連する商品を扱う業界は、「令和」の発表を受け本格的に動き出した。「これからフル回転だ」。“特需”への期待も高まる。(2019/4/2)

実はサイゼリヤ全店舗で“パーティーメニュー”が注文できる 開発経緯などを聞いてみた
サイゼパーティーしたい。(2019/3/26)

コーヒー豆のサブスクリプション型サービス アプリで注文、今後はAIバリスタが好みを提案する機能も
スマートフォンアプリからコーヒー豆を注文できるサービス「PostCoffee」がスタート。。バリスタを指名して相談する機能や、AIを使ってコーヒー豆をおすすめする機能を実装し“コーヒーのサブスクリプション型サービス”を目指す。(2019/3/19)

JA向けの受注業務RPAソリューション、農業生産資材の受注入力を自動化 NTTドコモから
NTTドコモは、全国の農業協同組合(JA)を対象に、農家からの農業生産資材の受注業務を効率化するRPAソリューションの提供を開始する。手書きの注文書を読み取るOCRとNTTグループのRPA「WinActor」を組み合わせた。実証実験では、作業時間を約80%削減できたという。(2019/3/18)

バイト先に苦手なギャル系の客が来た――意外な注文内容がかわいい漫画にギャップ萌えする人続出
人を見た目で判断しちゃいけないよね。(2019/3/17)

東京五輪、車いす客をロボットが支援 「驚き」より「実用性」アピール
東京オリンピック・パラリンピックの競技会場で、車いすの観客をトヨタの生活支援ロボットがサポート。注文した飲食物などを席まで届けるという。(2019/3/15)

FAニュース:
高速化と拡張性を追求したファンレス組み込み用PC
コンテックは、ファンレス組み込み用PC「ボックスコンピュータ BX-M1000」シリーズを発表した。インタフェースが豊富で拡張性に優れ、マルチコアCPUを搭載しながら、ファンレスで稼働する。注文時にCPUやストレージ、OSを選択できる。(2019/3/8)

リテールテックJAPAN2019:
「セルフ注文端末」にもスマホ決済の波 店舗の省人化やインバウンド対策に
セルフ注文端末にも“キャッシュレス”の波が到来しつつある。リテールテックJAPAN2019ではキャッシュレス決済に対応したセルフ注文端末を多数展示。主な用途は飲食店やフードコートだが、遊園地や駐車場での利用を想定しているところもある。(2019/3/8)

キャッシュレス決済対応のセルフ端末「O:der Kiosk」、首都圏駅ナカ店舗へ
ショーケース・ギグは、3月7日に店舗業務の省力化とキャッシュレス化を目的とした次世代セルフ注文決済端末「O:der Kiosk」の導入計画について発表。同社の提供しているモバイルオーダーシステムと連動し、双方導入することでレジ業務やレジの設置台数を大幅に減らすことが可能だ。共同開発しているJR東日本グループ協力のもと、2019年夏に首都圏駅ナカ店舗へ導入していく予定。(2019/3/7)

リテールテックJAPAN2019:
客のスマホだけで注文と決済ができる「SelfU(セルフ)」 店舗の省人化に貢献
Showcase Gigは、飲食店で自分のスマートフォンだけで注文から決済までができるサービス「SelfU(セルフ)」を発表。3月5日から8日まで開催されている「リテールテック2019」で公開している。このSelfUを活用した店舗を夏にオープンする。(2019/3/5)

回転レーンの土台は活用:
「回転しない寿司」路線から6年 元気寿司が思い知った“意外な効果”
大手すしチェーンの元気寿司が「脱・回転」路線を打ち出している。回転レーンをやめて、注文された商品のみを特急レーンで提供。国内の152店のうち122店を「脱・回転」させた結果、思わぬ効果が生まれた。(2019/3/4)

スマートホーム:
太陽光×EVで“電気代ゼロ”目指す、神戸都市開発が「完全自立型住宅」を発表
注文住宅事業を手掛ける神戸都市開発(神戸市)は、太陽光発電と電気自動車を活用してエネルギーの自給自足を図る「完全自立型住宅」を発表。太陽光発電とEVの蓄電池を活用して「電気代ゼロ」を実現するという。(2019/2/26)

PR:渋谷「兆楽」に通しか知らない裏メニューが存在する? ドラマ「QUEEN」に出てきた中華料理店で注文してみた
ドラマで登場した裏メニュー……実在していたの?(2019/2/23)

声で注文するセルフレジ モスバーガーが実証実験
モスフードサービスが、音声操作で注文できる無人レジの実証実験を2月15日から27日に「モスバーガー関内店」で実施する。(2019/2/13)

年間2万円で食べ放題、話題のラーメン凪 AIで「顔パス」注文システムの狙いは
食券を都度購入しなくても、定額の会員登録をすると店頭に備えられたiPadがユーザーを認識し「顔パス」でラーメンを注文できる。こんな施策を始めた「ラーメン凪」を直撃取材した。(2019/2/12)

ヘキサコアCPUやRyzenノートPCも選べる富士通「WEB MART」の春モデル
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が、個人向けPCの春モデルを発表した。直販の「WEB MART」では新たに4シリーズ7モデルが投入され、一部のモデルを除いてすでに注文が可能だ。(2019/2/12)

同人作家さんに朗報 サークル参加に欠かせない“敷き布”をオリジナルで作れるサービスが登場
1枚から注文できる!(2019/2/7)

「市場縮小、腹を括っていた」 シャツ工場、ネット注文「カスタムシャツ」で復活
「ドレスシャツの市場縮小は、ある程度仕方ないものと腹を括っていた」――アパレルメーカー、フレックスジャパンの矢島隆生社長はそう悩んでいた。しかし”希望の光”が差し始めた。ネット上で顧客が注文する「カスタムシャツ」の需要拡大だ。(2019/1/31)

「Surface Studio 2」の国内販売は1月29日 税込約48万円〜で予約販売を開始
日本マイクロソフトが、同社の直販サイトで液晶一体型デスクトップPC「Surface Studio 2」の予約注文を始めた。直販価格は一般向けモデルで税込48万384円〜となっている。(2019/1/16)

現状マネタイズできていない:
「飲食店の省人化」人手不足……スマホやロボットで対策
対面の必要がないスマートフォンによる注文・決済や、ロボットが勤務するカフェ…深刻な人手不足を背景に、飲食店で「マンパワー」を補う試みが目立ってきている。ファストフード方式の居酒屋もオープンするなど、人口減少社会の苦肉の策が、新たな「いらっしゃいませ」を生み出している。(重松明子)(2019/1/15)

タニタの「バーチャロン」ツインスティック増産プロジェクトが目標金額を達成! 1月30日まで注文を受付中
増産チャレンジでも勢い変わらず……!(2019/1/14)

しまむら、商品の取り置き注文ができるアプリ「しまコレ」をリリース
会員登録不要で、手軽に買いに行けます。(2019/1/9)

「しまむら」の商品をアプリで確認、店舗取り置き「しまコレ」
しまむらの商品をアプリで確認し、欲しい商品があれば最寄りの店舗に取り置き注文できる「しまコレ」が公開された。(2019/1/9)

買った覚えのないものが次々に……Amazonで“勝手に注文”した犯人は「ペット」
最近、日本でも人気を集めるスマートスピーカーのAmazon Echo。音声に反応し、家にある身近な家電を操作したり、ネット通販で買い物ができたりする優れものだが、このアレクサの機能を巡り、英で驚きの“事件”が起きた。(2019/1/7)

ペプシコ、スナックとドリンクの移動販売ロボットを大学キャンパスで提供開始
食品・飲料大手のPepsiCoが、大学のキャンパス内でスナックやドリンクを移動販売するロボットをパシフィック大学で運用開始した。アプリで注文すると最寄りの配達場所にロボットが届けてくれる。(2019/1/6)

日本マイクロソフトが「Surface Headphones」の予約販売を税込4万円で開始 「Surface Studio 2」は48万円〜
日本マイクロソフトが、同社の直販サイトでワイヤレスヘッドフォン「Surface Headphones」と液晶一体型PC「Surface Studio 2」の予約注文を始めた。直販価格は前者が税込3万9938円、後者は同48万384円〜となっている。(2019/1/5)

Amazon、ホリデーシーズンの注文件数が過去最高、Alexaでの注文が3倍に
Amazonが、恒例のホリデーシーズン結果を発表。世界での注文件数は過去最高を更新し、Alexaからの注文が昨年の3倍になった。(2018/12/27)

「多すぎる」 全73種類「刀剣乱舞」歩数計に注文殺到 工場に“通い詰めた”開発担当者の意地
「刀剣乱舞-ONLINE-」とコラボしたタニタの歩数計の売れ行きが好調。想定していた2倍以上の注文が集まったという。制作の舞台裏を聞いた。(2018/12/27)

初号機共同オーナーに堀江貴文氏ら ホンダのジェット機「HondaJet」日本人顧客に初デリバリー
日本でも既に10機以上の注文。価格は約6億円から。(2018/12/26)

米ダウは1000ドルを超す下げ:
日経平均は1000円安、2万円割れ 1年8カ月ぶり安値水準
東京株式市場で日経平均は大幅に5日続落。国内連休中に米ダウが1000ドルを超す下げとなったことで、朝方から幅広く売り注文が集まった。(2018/12/25)

西日本豪雨復興応援特集:
「イラッシャイマセ」「ドウゾ」 岡山県のお好み焼き店「真珠」で40年間働く接客“ロボット”がかわいい
かわいくてついついいっぱい注文したくなる。(2019/1/1)

紳士服のコナカ、採寸アプリに本腰 服を着たまま写真4枚でスーツを提案
紳士服を販売するコナカが、スマートフォンで撮影した写真を使って服のサイズを測れるアプリを改良。スーツやコートの採寸・注文を可能にした。(2018/12/20)

注文するときに舌かみそう? スタバがお正月に合わせた「ゴマ ゴマ ゴマ ラテ」「ゴマ ゴマ ゴマ フラペチーノ」を発売
エスプレッソとゴマ、ありそうでなかった!(2018/12/18)

駅で食材と日用品を受け取れる通販アプリ KDDIなど3社が実証実験
KDDI、アルファロッカーシステム、西部鉄道の3社が、ネットで注文した食材や日用品を、駅構内のロッカーで受け取れるサービス「ラクトル」の実証実験を始めると発表した。(2018/12/13)

かっこえぇぇぇぇ 「HondaJet」ついに日本での型式証明を取得、2018年内にデリバリー開始
日本でも既に10機以上の注文あり。お値段は約5億8000万円。(2018/12/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。