ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2017年10月02日 09時00分 公開

「Firefox 56」公開、Android版はFlashのサポート終了

「Firefox 56」「Firefox ESR52.4」では多数の深刻な脆弱性に対処。Android版ではFlashのサポートが打ち切られた。

[鈴木聖子,ITmedia]
photo Firefox 56で修正された脆弱性

 米Mozilla Foundationは9月28日付で公開したWebブラウザ「Firefox」の安定版と延長サポート版のアップデートで、複数の深刻な脆弱性に対処したことを明らかにした。

 Firefoxの安定版は最新バージョンの「Firefox 56」がデスクトップ向けとAndroid向けに公開され、延長サポート版は「Firefox ESR52.4」に更新された。

 Mozillaのセキュリティ情報によると、更新版で修正された脆弱性のうち、2件のメモリ関連の問題については、重要度が4段階で最も高い「最高」に区分けされ、悪用されれば任意のコードを実行される恐れもある。他にもFirefox 55までのバージョンに存在する多数の脆弱性が修正された。

 Android版ではFlashのサポートが打ち切られ、Android 4.0を搭載した端末のサポートも終了した。

関連キーワード

Firefox | Android | Flash | Mozilla


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.