連載
» 2012年10月12日 13時00分 UPDATE

キーワード解説:キーワード解説「燃料電池」

都市ガスやプロパンガスを利用して発電する機器の中でも、水素などの物質の化学反応によって電気を得る機器が「燃料電池」だ。

[笹田仁,スマートジャパン]

 「燃料電池」とは化学反応によって電力を得る装置。一般に水素(H2)と酸素(O2)を結合させて水(H2O)得る化学反応の過程で電力を得る。

 すでに実用になっている燃料電池としては固体高分子形、リン酸形、溶融炭酸塩形、固体酸化物形の4種類が挙げられる。発電能力は固体酸化物形が最も大きく、溶融炭酸塩形、リン酸形の順で発電能力は小さくなっていき、固体高分子形は最も発電能力が小さい。

 発電能力の大きいリン酸形、溶融炭酸塩形、固体酸化物形は、工場や発電所などに設置して大きな電力を得るために利用することを想定している。一方発電能力が小さい固体高分子形は本体を小さくできるという特長があり、家庭用燃料電池(エネファーム)や燃料電池車(FCV)といった用途で一部実用化が進んでいる。

 ここから先は家庭用燃料電池を例に、発電する仕組みを簡単に説明する。家庭用燃料電池は、都市ガスやプロパンガスから水素を取り出して利用する。都市ガスやプロパンガスには、ガス漏れを人間に知らせるために匂いを付けてある。その成分である硫黄は燃料電池を劣化させるため、水素を取り出す前に硫黄を除去する必要がある。

 都市ガスやプロパンガスの主成分は「炭化水素」と呼ぶ水素原子と炭素原子からなる化合物である。ここから水素原子を取り出すには、1000℃程度の高温下で炭化水素と水蒸気を反応させる(水蒸気改質)。これで炭化水素から水素原子と一酸化炭素を得られる。一酸化炭素も燃料電池を劣化させるため、適切に処理する必要がある。

 水蒸気改質で水素を得たら、燃料電池の中心部である燃料電池セルに水素を送る。ここで水の電気分解と反対の反応を発生させて、電力を得る。燃料電池セルは電解質という層をはさんで両側に燃料層と空気層があり、燃料層と空気層が電解質と接する部分には化学反応を促進させる触媒がある。

 燃料層から水素を送り込むと触媒に触れて水素イオンと電子に分解する。電子は燃料層と空気層を外側で接続する導線に流れる。水素イオンは電解質を通り抜けて空気層に移動する。空気層で水素イオンと酸素と電子が反応して水ができる。水素イオンから分離した電子が流れる導線で直流の電力を得られる。

 家庭用燃料電池で使用する固体高分子形の燃料電池は、電力を得る反応を発生させるときに80℃〜100℃の熱を発する。家庭用燃料電池では、この熱を利用して水を加熱し、給湯や床暖房に利用している。

 固体高分子形に限らず、先に挙げたほかの種類の燃料電池も発電反応時に熱を発する。リン酸形、溶融炭酸塩形、固体酸化物形の順にその温度は高くなり、固体酸化物形の燃料電池は1000℃もの熱を発することがある。どの方式の燃料電池も、家庭用燃料電池のように発電時に発する熱を利用して、エネルギーを効率良く利用することができる。

 電力コストが上昇している昨今、家庭用燃料電池は光熱費を下げるために有用であることから注目を浴びている。しかし、本体価格が200万円程度とかなり高いという課題がある。本体価格が高くなる一因として、触媒に白金(Pt)を使用しているという点が挙げられる。白金は高価であるため、それに代わる廉価な触媒を開発すべく各メーカーは研究を続けている。

関連記事:これを読めば「燃料電池」がさらによく分かる!

2012年度のエネファーム補助金受付開始、1件当たりの補助額上限は70万円

都市ガスやLPガスから取り出した水素を利用して、発電しながら給湯もできるエネファーム。電力コスト低減に大きな効果があるが、まだ安いとはいえない。しかし、補助金を利用すれば手が届くかもしれない。


停電時も運転が可能なエネファーム、発電に必要な電力を自力でまかなう

ガスを利用して発電しながらお湯を沸かすエネファームの普及が進んでいる。ただし、従来のエネファームは停電時は事実上使えないという問題があった。大阪ガスは停電時も使えるエネファームを開発し、発売する。


年間光熱費を6万円程度節約可能、全住戸にエネファームを搭載するマンション

ガスから取り出した水素で発電し、発電時に発生する熱でお湯を沸かすエネファームを導入する世帯が増えている。しかし、集合住宅に設置することは難しかった。積水ハウスは日本で初めて、全戸にエネファームを搭載するマンションの建設に入った。


年間光熱費を約3万5000円削減できる、エネファームを導入した賃貸住宅

水素で発電し、発電時に発生する熱でお湯を沸かすエネファームは確実に電力コスト削減を期待できることから人気を博している。東京急行電鉄は同社が新築する賃貸住宅の全住戸にエネファームを導入すると発表した。


燃料電池バスから電力を供給、トヨタが2015年に向けて実用化を急ぐ

電気自動車に続く次世代自動車として注目を集める「燃料電池自動車」の実用化に向けた取り組みが進んできた。トヨタ自動車は羽田空港などで運行中の燃料電池バスを使って家庭などに電力を供給できるシステムを開発し、豊田市のプロジェクトで実用実験に乗り出す。


3種類の電池を備えた「光熱費ゼロ住宅」、東北・九州・関東に続いて東海へ拡大

太陽電池・燃料電池・蓄電池の組み合わせによって電力の自給自足度を高めた「光熱費ゼロ住宅」が広がってきた。住宅メーカー大手の積水ハウスが全国各地に分譲住宅を建設して拡大計画を進めており、愛知・三重・岐阜の東海3県でも分譲プロジェクトを開始した。


光熱費はゼロで10万円の売電収入、スマートエネルギーハウス実験結果発表

家庭用燃料電池、太陽光発電システム、住宅用蓄電池といった発電、充電機器を装備した「スマートハウス」が注目を集めている。では、その効果はどれほどのものなのだろうか。大阪ガスと積水ハウスは共同で続けていた実験の結果を明らかにした。


発電システムを共用しながら、光熱費ゼロも実現可能な二世帯住宅

太陽光発電システムなどを備え、自家発電が可能な住宅が増えつつある。旭化成ホームズは太陽光発電システムと家庭用燃料電池を共用しながら、光熱費ゼロも達成できる二世帯住宅を発売する。


キーワード解説「コージェネレーションシステム」

電力コスト低減、ピークシフトを狙った機器が続々登場しているが、使う場所や状況によっては期待した通りの効果を得られない機器もある。その中でも高い効果を期待できると注目を浴びているのが「コージェネレーションシステム」だ。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.