連載
» 2012年12月07日 13時00分 UPDATE

キーワード解説:家電に通信機能を持たせる「ECHONET Lite(エコーネット・ライト)」

消費電力量に応じて自動的にエアコンの稼働率を制御したり、照明を消灯するといったことができれば、今以上に節電ができるかもしれない。それを可能にするのが「ECHONET Lite(エコーネット・ライト)」という家電向け通信規格だ。

[笹田仁,スマートジャパン]

 「ECHONET Lite」とは、家電の制御、運転状態や消費電力量の把握といったことをネットワーク経由で可能にする通信規格だ。日本の家電メーカーや通信会社、電力会社などが加入している「エコーネットコンソーシアム」が策定したもの。

 エコーネットコンソーシアムはもともと「ECHONET」という家電向け通信規格を策定し、普及を目指していたが複雑で利用頻度が低い機能が多く、通信路(LAN、電力線通信など)にどれを使うかというところまで規定していたので、使いにくいという声が多かった。そこで、利用頻度が低い機能を削除し、どの通信路でも使えるように改良したものがECHONET Liteだ。家電だけでなく、太陽光発電システムなどの発電機器や蓄電機器の制御、状態監視もできるようになっているところも大きな特長。

 現在のところはパナソニックや東芝ライテックがECHONET Lite対応のHEMSを発売している。対応する家電はまだ多いとは言えない。パナソニックや東芝からエアコンやエコキュート、電磁調理器などが登場しているくらいだ。

 対応する製品が揃ってくれば、家庭全体の電力消費量に応じて、さまざまな機器の運転状態を自動的に制御したり、停止させたりといったことが可能になる。遠隔地からスマートフォンなどで電力消費量を確認したり、機器を停止させるといったこともできる。

 太陽光発電システムや蓄電池、家庭用燃料電池が対応するようになれば、太陽光発電システムがあまり発電していないときに家庭用燃料電池を動作させたり、蓄電池の電力を利用するといった制御ができる。太陽光発電システムが多くの電力を発電しているときは売電するか、蓄電池に充電するかといったことを制御できる。これは、近隣の住宅の太陽光発電システムで発電した電力が送電線に大量に流れている時に役立つ。

 現在の太陽光発電システムはこのようなときは送電網を安定させるために発電を停止させるが、ECHONET Liteで太陽光発電システムと蓄電池を制御できれば、送電網に電力を流せないときには蓄電池に充電するということが可能になる。

 地域の電力需要が逼迫した時に、家電製品を制御して住宅全体の消費電力を抑えることも可能になる。ECHONET Lite対応スマートメーターが登場すれば、電力需要が逼迫していることを知らせる信号をスマートメーターが受け取り、HEMSに知らせて、HEMSが家電機器を制御して住宅全体の消費電力量を抑えるということが自動的にできるようになる。

 現在のHEMSは消費電力量の計測機能しか備えていないが、今後はECHONET Liteを利用して家電製品を制御する機能を備えたものが多くなるだろう。対応する家電製品も少しずつ増えていくはずだ。

関連記事:これを読めば「ECHONET Lite」がさらによく分かる!

家庭における本格的なエネルギー消費量制御に向けて、メーカーや政府が工程表作成へ

家庭における電力消費量を計測し、グラフなどの形でユーザーに提示するHEMS(家庭向けエネルギー管理システム)が続々登場している。現段階のHEMSは電力消費量を計測する機能しか持たないが、HEMSから家電機器の運転状況を操作する通信プロトコル「ECHONET Lite」の策定が進んでいる。政府と家電メーカーなどは、ECHONET Liteの普及を促進するための会合を開いた。


家電の制御や機器の推定も可能、新世代HEMSの実験が始まる

NTT西日本とNTTは家電を制御する機能などを搭載した次世代のHEMS(家庭向けエネルギー管理システム)を開発した。熊本市内の一般家庭50世帯に試作品を設置し、利便性などを評価する実験を始める。実験の期間は2013年2月から8月。


エアコンなどの制御も可能、ECHONET Liteで家電と通信するHEMS

家電向け通信プロトコル「ECHONET Lite」は事実上の業界標準プロトコルとなっているが、ECHONET Liteを利用して通信する製品はまだ少ない。パナソニック エコソリューションズ社は、ECHONET Liteで家電と通信し、家電を制御するHEMSを発売する。


水道、ガスなどの利用量も計測するHEMS、計測器はECHONET Liteでデータを送信

家庭における消費電力量を計測し、ユーザーに意識させて節電を促す機器であるHEMSが各社から登場している。東芝は、家電向け通信プロトコルECHONET Liteに対応する機器を利用したHEMSを提供する。


電力システムとインターネットが融合へ、カギ握るオープンな通信機能

スマートメーターとHEMS(Home Energy Management System)の普及が急速に進みそうだ。東京電力はスマートメーターを一般競争入札で安価に調達し、年間300万個のペースで既存の電力計と交換していく。経済産業省はスマートメーターとHEMSとのインタフェースを2011年度中に確定。どの電力会社を利用していても、自宅で直接電力情報を利用できるようになる。


本気を出した東電、年間300万台のペースでスマートメーター導入へ

スマートメーターの最大のメリットは、家庭や企業の電力使用状況のデータを生かして有益なサービスを提供しやすくなることにある。電力を消費する機器や管理するシステムとの間で効率よくデータをやりとりできるように、オープンな仕様による通信機能を実装することが電力会社に求められている。


エアコンの制御がスマホで可能に、外出先から電源をオフ

スマートフォンと家電製品の連携機能が進化する。富士通が本日10月26日から提供を始めるスマートフォン用のアプリケーション「My Cloudリモコン」を使うと、外出先からエアコンを制御できるようになり、電源を落とすこともできる。将来は電気自動車との連携も技術的には可能だ。


ECHONET Lite対応家電の開発期間を短縮、開発者向けツール集

家電向け通信プロトコル「ECHONET Lite」に対応する家電製品が少しずつ登場し始めている。今後、さらに普及させていくには開発者を助けるツールが必要になる。ACCESSは、家電製品にECHONET Lite通信機能を加えることを容易にするツール集を発表した。


家庭用としては最大級、出力3000Wの据え置き型蓄電池

据え置き型蓄電池の性能を評価するとき、最も気になるのは蓄電容量だ。しかし、蓄電容量と同じくらい大切な要素がある。それは最大出力だ。この値が大きいと、同時に多くの家電製品を使えるからだ。東芝ライテックは家庭用製品としては最大級の出力を誇る製品を発売する。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.