連載
» 2012年12月19日 12時00分 UPDATE

全国でんき予報2012冬:12月19日(水)−東京は今冬の最高値に、各地で需要が増加

全国的に寒さが戻り、電力需要が増加する。特に東京・東北・中部の3地域では前日を大きく上回る需要が17時台に見込まれており、需給率が92〜93%まで上昇する予報だ。東京では今冬の最高値を更新することになりそう。

[スマートジャパン]

 東京電力の管内では前日の18日と比べて最大需要電力が140万kWも増加して、今冬の最高値を記録する見通しだ。これまでの最高は10日(月)の4480万kWで、それよりも60万kW多い4540万kWに達する予測が出ている。供給力を前日から79万kW増やして対応するが、需給率は93%を超える可能性が大きい。

 このほか中部でも前日比で100万kW、東北と関西で90万kWと、各地で軒並み需要が増加する。いずれの地域でも供給力を増加させるが、中部と東北では17時台に需給率が92%を超える見込みだ。

Forecast_Dec_19.jpg 12月19日の電力需給予測。各電力会社がWebサイトに掲載したデータから

テーマ別記事一覧

 電力供給サービス 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.