ニュース
» 2013年09月19日 13時00分 UPDATE

スマートホーム:電力や水道の使用状況からシステムが判断、子供や高齢者の見守りが可能に

ファミリーネット・ジャパンがHEMS(家庭向けエネルギー管理システム)を使った見守りサービスを2014年4月から開始する。家庭内の電力や水道の使用状況を監視しながら、あらかじめ設定した条件によって、子供や高齢者の在宅状態をメールで送信したりセンターへ通知したりすることができる。

[石田雅也,スマートジャパン]

 通常の見守りサービスは対象者が緊急ボタンを押すなどの操作が必要だが、HEMS(家庭向けエネルギー管理システム)を使うと対象者を煩わせることなく遠隔で見守りが可能になる。例えば子供が帰宅する時間帯にエアコンの電源が入ると保護者の携帯電話にメールが送られたり、高齢者が一定時間以上にわたって水道を使わないと管理センターに通知が届いたりする(図1)。

fnj2_sj.jpg 図1 帰宅確認と高齢者見守りの実施イメージ(画像をクリックすると拡大)。出典:ファミリーネット・ジャパン

 電力や水道の使用状況をリアルタイムに把握できるHEMSならではの新しい見守りサービスである。マンション向けにエネルギー管理サービスを提供するファミリーネット・ジャパンが2014年4月1日から開始する予定だ。ファミリーネットはマンションや戸建て住宅向けに「me-eco(ミエコ)」と呼ぶHEMSを使ったサービスを提供中で、新サービスとして見守りの機能を追加する。

 me-ecoは専用の計測装置を分電盤に接続して、家庭内の電気機器の電力使用量を見える化するほか、水道メーターやガスメーターとも接続して時間別・日別・月別の使用量や料金をグラフに表示することができる(図2)。分電盤や各メーターから送られてくる計測データを利用して見守りサービスも実現する。

fnj3_sj.jpg 図2 HEMSの設置イメージ(画像をクリックすると拡大)。出典:ファミリーネット・ジャパン

 利用者は見守りの条件を曜日や時間、計測対象などによってHEMSに設定する。通知先の中にマンションの管理会社や警備会社などを含めることで緊急対応も可能になる。

 見守りサービスの対象はme-ecoを導入したマンションや戸建て住宅で、機能追加の費用は不要である。me-ecoの標準パッケージの価格は12万6000円(税込)。

テーマ別記事一覧

 エネルギー管理   家庭 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.