ニュース
» 2014年05月14日 13時00分 UPDATE

スマートショップ:米ウォルマートが電力自給率100%へ、太陽光発電を倍増

世界最大の小売業である米国のウォルマートは2020年に向けて再生可能エネルギーの導入量を大幅に増やす。太陽光発電の導入プロジェクトを2倍に増やすなどして、年間に70億kWhにのぼる電力を確保する計画だ。一方で電力の使用量を20%削減して、自給率100%を目指す。

[石田雅也,スマートジャパン]
walmart2_sj.jpg 図1 ウォルマートが全世界で運転・開発中の再生可能エネルギー導入プロジェクト数、年間電力量、電力自給率(2013年12月末時点)。出典:米ウォルマート

 ウォルマートは2013年12月末の時点で、全世界の再生可能エネルギーの導入量が年間に22億kWhを超える規模になっている(図1)。日本の一般家庭の電力使用量に換算すると60万世帯分に匹敵する。

 これによりウォルマートが店舗などで使用する電力のうち24%を再生可能エネルギーでまかなうことができる。さらに2020年までに現在の3倍にあたる70億kWhへ導入量を増やす計画だ。

 その一環で米国とプエルトリコを対象に太陽光発電の導入プロジェクトを倍増させる。現在までに約250カ所の店舗や物流センターに太陽光発電システムを導入済みだが、2020年までに500カ所に拡大する(図2)。

walmart1_sj.jpg 図2 太陽光パネルを設置したウォルマートの店舗(プエルトリコ)。出典:米ウォルマート

 ウォルマートは世界27カ国に1万以上の店舗を運営していて、日本では傘下の西友が438店舗ある。日本を含めて2020年までに電力の使用量を2010年と比べて20%削減する目標を掲げて、各国でエネルギー管理システムやLED照明の導入を進めている。

 太陽光発電を中心とする再生可能エネルギーの拡大と電力使用量の削減によって、2020年には年間に10億ドル(約1000億円)のコスト削減をもたらす見込みだ。同時に電力の自給率100%を達成する。

テーマ別記事一覧

 太陽光   店舗 


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.