ニュース
» 2014年11月18日 12時00分 UPDATE

電気自動車:トヨタの燃料電池車「MIRAI」は実質500万円弱に、「来るべき水素社会に向けた第一歩」

トヨタ自動車が世界に先がけて燃料電池車の「MIRAI」を12月15日から販売開始する。価格は税込み723万6000円で、政府の補助金などを適用すると500万円弱になる。最初の1年間は東京・名古屋・大阪・福岡の4大都市圏を中心に400台を販売する予定である。

[石田雅也,スマートジャパン]

 「MIRAIは単なる新型車ではない。来るべき水素社会に向けた第一歩になる」。トヨタ自動車は11月18日に東京都内で開催した発表会で力強く宣言した。世界で初めて水素を燃料に走る市販の乗用車「MIRAI」が12月15日に発売される。豊田章男社長は「クルマの歴史が大きく変わろうとしている」とMIRAIの重要性を強調した。

 注目の販売価格はメーカー希望小売価格で税込み723万6000円である。政府の補助金が最大で202万円まで適用できるほか、エコカー減税と自動車グリーン税制による減税分を加えると合計で約225万円になり、実質的に500万円弱で購入することができる。車体の色は6色で展開する(図1)。

toyota3_sj.jpg 図1 世界で初めて市販する燃料電池車「MIRAI」(2014年11月18日の発表会)。出典:トヨタ自動車

 MIRAIにはトヨタが独自に開発した「新トヨタFC(燃料電池)システム」を採用した。水素タンクは2本を搭載する(図2)。1回の充填時間は3分程度で、航続距離はJC08モードで約650キロメートルである。駆動装置を構成するインバータなどにはハイブリッド車で培った技術を生かした。

toyota2_sj.jpg 図2 車両の後部に搭載する2本の水素タンク。出典:トヨタ自動車

 燃料電池車ならではの機能がある。水を排出するためのスイッチを運転席の前部に設けた(図3)。走行中に生じる水を適当なタイミングで排出することができる。

toyota5_sj.jpg 図3 水を排出するためのスイッチ(右上)。出典:トヨタ自動車

 車内で発生させた電力を家庭などに供給することもできる(図4)。出力は最大9kWで、合計1500Wまでの電気製品を接続可能だ。

toyota4_sj.jpg 図4 外部給電機能。出典:トヨタ自動車

テーマ別記事一覧

 電気自動車 


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.